「阿部は捕手」 巨人村田HC断言で小林“不合格”のレッテル

公開日: 更新日:

 巨人が連敗を7で止めた。29日の阪神戦に先発した高木が7回3安打1失点の好投。重信の先制打と坂本のソロ本塁打による2点をマシソン、沢村のリレーで守り切った。それでも、前日まで4番を務めたクルーズが「左足首痛」でスタメン落ちするなど、どうにもしゃきっとしない。

 最近4カードで2勝9敗。前日には、9連敗を喫した06年7月以来10年ぶりとなる7連敗を食らっていた。巨人はちょうど50試合を消化し、23勝24敗3分け。借金1で31日から突入する交流戦で、いよいよ“切り札”が合流する。

 右肩痛で開幕から二軍調整を続ける阿部慎之助(37)である。この日、二軍戦に「4番・DH」で出場。二回に特大の3ランを放つと、六回にも2発目の3ランを放った。前日に続く2試合連続で計3本塁打。七回からはマスクもかぶった。しかし、前日の2イニングと合わせ、捕手としては計5回しか守っていない。そこで「交流戦は敵地でDHが使えるため、一軍合流後はDHで復帰。一塁を守りつつ、体調を見ながら捕手もやる」と、こんなプランが囁かれていたが、村田ヘッドコーチに聞くと、こう断言したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る