コリジョンルール「野球つまらなくする」と元プロ捕手指摘

公開日: 更新日:

 今季からプロ野球は、本塁での危険な衝突を避けるため「コリジョンルール」を導入した。選手会の意見も聞いているが、現場では今も戸惑う声が少なくない。

 このルールは、

1、走者の捕手への体当たり禁止
2、捕手の走者へのブロックやその走路をふさぐことを禁止
3、送球がそれた場合にやむを得ず捕手が走路内に進入する場合は許されるが、走者と激しい接触を避ける努力をする

 というものだ。捕手(ベースカバーの野手を含む)は警告3回目、走者は警告2回目で退場となる。

 例えば無死三塁のケースで右翼に飛球が飛んだとする。捕手はタッチアップを阻止するため、本塁ベースの前で送球を受けて後方の走者に振り向いてタッチしなければならない。いわゆる「追いタッチ」になるから、これまでなら「無謀」と思われたタイミングでも三塁コーチャーは走者を本塁へ突っ込ませるケースがすでに増えている。このルールによって本塁上のケガは防止できるかもしれないが、捕手と走者がぶつかって、ファンが息をのむクロスプレーは見られなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る