コリジョンルール「野球つまらなくする」と元プロ捕手指摘

公開日:  更新日:

 今季からプロ野球は、本塁での危険な衝突を避けるため「コリジョンルール」を導入した。選手会の意見も聞いているが、現場では今も戸惑う声が少なくない。

 このルールは、

1、走者の捕手への体当たり禁止
2、捕手の走者へのブロックやその走路をふさぐことを禁止
3、送球がそれた場合にやむを得ず捕手が走路内に進入する場合は許されるが、走者と激しい接触を避ける努力をする

 というものだ。捕手(ベースカバーの野手を含む)は警告3回目、走者は警告2回目で退場となる。

 例えば無死三塁のケースで右翼に飛球が飛んだとする。捕手はタッチアップを阻止するため、本塁ベースの前で送球を受けて後方の走者に振り向いてタッチしなければならない。いわゆる「追いタッチ」になるから、これまでなら「無謀」と思われたタイミングでも三塁コーチャーは走者を本塁へ突っ込ませるケースがすでに増えている。このルールによって本塁上のケガは防止できるかもしれないが、捕手と走者がぶつかって、ファンが息をのむクロスプレーは見られなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る