コリジョンルール「野球つまらなくする」と元プロ捕手指摘

公開日: 更新日:

 今季からプロ野球は、本塁での危険な衝突を避けるため「コリジョンルール」を導入した。選手会の意見も聞いているが、現場では今も戸惑う声が少なくない。

 このルールは、

1、走者の捕手への体当たり禁止
2、捕手の走者へのブロックやその走路をふさぐことを禁止
3、送球がそれた場合にやむを得ず捕手が走路内に進入する場合は許されるが、走者と激しい接触を避ける努力をする

 というものだ。捕手(ベースカバーの野手を含む)は警告3回目、走者は警告2回目で退場となる。

 例えば無死三塁のケースで右翼に飛球が飛んだとする。捕手はタッチアップを阻止するため、本塁ベースの前で送球を受けて後方の走者に振り向いてタッチしなければならない。いわゆる「追いタッチ」になるから、これまでなら「無謀」と思われたタイミングでも三塁コーチャーは走者を本塁へ突っ込ませるケースがすでに増えている。このルールによって本塁上のケガは防止できるかもしれないが、捕手と走者がぶつかって、ファンが息をのむクロスプレーは見られなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る