コリジョンルール「野球つまらなくする」と元プロ捕手指摘

公開日: 更新日:

 今季からプロ野球は、本塁での危険な衝突を避けるため「コリジョンルール」を導入した。選手会の意見も聞いているが、現場では今も戸惑う声が少なくない。

 このルールは、

1、走者の捕手への体当たり禁止
2、捕手の走者へのブロックやその走路をふさぐことを禁止
3、送球がそれた場合にやむを得ず捕手が走路内に進入する場合は許されるが、走者と激しい接触を避ける努力をする

 というものだ。捕手(ベースカバーの野手を含む)は警告3回目、走者は警告2回目で退場となる。

 例えば無死三塁のケースで右翼に飛球が飛んだとする。捕手はタッチアップを阻止するため、本塁ベースの前で送球を受けて後方の走者に振り向いてタッチしなければならない。いわゆる「追いタッチ」になるから、これまでなら「無謀」と思われたタイミングでも三塁コーチャーは走者を本塁へ突っ込ませるケースがすでに増えている。このルールによって本塁上のケガは防止できるかもしれないが、捕手と走者がぶつかって、ファンが息をのむクロスプレーは見られなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  4. 4

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  5. 5

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る