日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島左腕ジョンソン破格新契約の裏で囁かれる黒田の去就

 異例の大型契約が波紋を呼んでいる。

 4日に左腕エースのジョンソン(31=円内)と新たに3年契約を結んだ広島。シーズン中の締結が異例なら、契約の中身もこの球団にしては超異例だった。年俸は175万ドル増の300万ドル(約3億1950万円)。年間最大1億5000万円の出来高もつけ、3年総額で15億円を超える破格契約になったというのだ。そのうえ、1億6500万円もの再契約金まではずむ大盤振る舞いである。

 来日1年目の昨年、最優秀防御率のタイトルを獲得したジョンソンは、今季もここまで11試合に投げて防御率1.99。リーグトップタイの6勝を挙げている。今オフの契約切れを待って、メジャー複数球団が興味を示していたため、フロントが迅速に流出阻止に動いたわけだが、金額が金額だけに地元ではこう囁かれ始めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事