広島左腕ジョンソン破格新契約の裏で囁かれる黒田の去就

公開日: 更新日:

 異例の大型契約が波紋を呼んでいる。

 4日に左腕エースのジョンソン(31=円内)と新たに3年契約を結んだ広島。シーズン中の締結が異例なら、契約の中身もこの球団にしては超異例だった。年俸は175万ドル増の300万ドル(約3億1950万円)。年間最大1億5000万円の出来高もつけ、3年総額で15億円を超える破格契約になったというのだ。そのうえ、1億6500万円もの再契約金まではずむ大盤振る舞いである。

 来日1年目の昨年、最優秀防御率のタイトルを獲得したジョンソンは、今季もここまで11試合に投げて防御率1.99。リーグトップタイの6勝を挙げている。今オフの契約切れを待って、メジャー複数球団が興味を示していたため、フロントが迅速に流出阻止に動いたわけだが、金額が金額だけに地元ではこう囁かれ始めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る