巨人に居場所なく古巣心配…大竹の広島電撃復帰に現実味

公開日: 更新日:

 巨人大竹寛(33)が26日の広島戦で今季初登板初先発。6回3失点で黒星を喫した。

 二軍スタートとなった春季キャンプ初日からミソをつけた。練習中に左太もも裏の肉離れを発症して離脱。直前には故障防止に関するミーティングが開かれ、「太腿・ふくらはぎ肉離れ防止マニュアル」が配布された直後だった。球団を挙げたプロジェクトだけに、球団も現場のコーチも「タイミングが悪いだろ」とカンカンだった。

 二軍では8試合に登板して3勝3敗、防御率2.53。今季、一軍の先発ローテが谷間の時に二軍から呼ばれたのは平良、江柄子、長谷川、ベテランの内海。大竹のケガはとっくに治っていた。二軍のローテでフル回転しているというのに、やっと声が掛かったのは47試合目だった。

 広島を出ていった男。それでもマツダスタジアムでブーイングされないという。広島の球団関係者は「勝っても負けても1年間ローテを回る馬力。広島でフル回転していたのをファンは知っているから」という。一軍にいなかった春先、東京ドームでは広島ナインがこんなウワサをしていたことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る