巨人に居場所なく古巣心配…大竹の広島電撃復帰に現実味

公開日:  更新日:

 巨人の大竹寛(33)が26日の広島戦で今季初登板初先発。6回3失点で黒星を喫した。

 二軍スタートとなった春季キャンプ初日からミソをつけた。練習中に左太もも裏の肉離れを発症して離脱。直前には故障防止に関するミーティングが開かれ、「太腿・ふくらはぎ肉離れ防止マニュアル」が配布された直後だった。球団を挙げたプロジェクトだけに、球団も現場のコーチも「タイミングが悪いだろ」とカンカンだった。

 二軍では8試合に登板して3勝3敗、防御率2.53。今季、一軍の先発ローテが谷間の時に二軍から呼ばれたのは平良、江柄子、長谷川、ベテランの内海。大竹のケガはとっくに治っていた。二軍のローテでフル回転しているというのに、やっと声が掛かったのは47試合目だった。

 広島を出ていった男。それでもマツダスタジアムでブーイングされないという。広島の球団関係者は「勝っても負けても1年間ローテを回る馬力。広島でフル回転していたのをファンは知っているから」という。一軍にいなかった春先、東京ドームでは広島ナインがこんなウワサをしていたことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る