• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OBは呆れるも…西武の“ザル守備”は「黄金時代」の反動

 もっか12球団ワーストの51失策と、ザル守備が止まらない西武。リーグワーストだった昨季の91失策を上回るペースでポロポロやっている。

 内野だけで35失策。これには奈良原内野守備走塁コーチも「良くないよね」と顔をしかめ、「(二塁の)浅村はうまくなってきたけど、他の内野はねえ。理由? コーチが悪いからじゃないかな(笑い)。打開策は練習しかないです」と苦笑いだ。

 西武OBで現役時代は名二塁手として鳴らした山崎裕之氏は「練習やコーチがどうとか、そういうレベルの話じゃありませんよ」と、アキれながらこう続ける。

「内野手ならば打球の軌道、捕球する位置、そこからベースに投げる体勢まで、常に頭で計算してなくてはいけない。こんなことはプロに入る選手なら基本中の基本です。それを西武の内野手はできていない。何も考えてないから、打球に対応できず慌ててしまい、打球の目切りも早くなる。レベルが低過ぎます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る