日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OBは呆れるも…西武の“ザル守備”は「黄金時代」の反動

 もっか12球団ワーストの51失策と、ザル守備が止まらない西武。リーグワーストだった昨季の91失策を上回るペースでポロポロやっている。

 内野だけで35失策。これには奈良原内野守備走塁コーチも「良くないよね」と顔をしかめ、「(二塁の)浅村はうまくなってきたけど、他の内野はねえ。理由? コーチが悪いからじゃないかな(笑い)。打開策は練習しかないです」と苦笑いだ。

 西武OBで現役時代は名二塁手として鳴らした山崎裕之氏は「練習やコーチがどうとか、そういうレベルの話じゃありませんよ」と、アキれながらこう続ける。

「内野手ならば打球の軌道、捕球する位置、そこからベースに投げる体勢まで、常に頭で計算してなくてはいけない。こんなことはプロに入る選手なら基本中の基本です。それを西武の内野手はできていない。何も考えてないから、打球に対応できず慌ててしまい、打球の目切りも早くなる。レベルが低過ぎます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事