OBは呆れるも…西武の“ザル守備”は「黄金時代」の反動

公開日:  更新日:

 もっか12球団ワーストの51失策と、ザル守備が止まらない西武。リーグワーストだった昨季の91失策を上回るペースでポロポロやっている。

 内野だけで35失策。これには奈良原内野守備走塁コーチも「良くないよね」と顔をしかめ、「(二塁の)浅村はうまくなってきたけど、他の内野はねえ。理由? コーチが悪いからじゃないかな(笑い)。打開策は練習しかないです」と苦笑いだ。

 西武OBで現役時代は名二塁手として鳴らした山崎裕之氏は「練習やコーチがどうとか、そういうレベルの話じゃありませんよ」と、アキれながらこう続ける。

「内野手ならば打球の軌道、捕球する位置、そこからベースに投げる体勢まで、常に頭で計算してなくてはいけない。こんなことはプロに入る選手なら基本中の基本です。それを西武の内野手はできていない。何も考えてないから、打球に対応できず慌ててしまい、打球の目切りも早くなる。レベルが低過ぎます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る