OBは呆れるも…西武の“ザル守備”は「黄金時代」の反動

公開日: 更新日:

 もっか12球団ワーストの51失策と、ザル守備が止まらない西武。リーグワーストだった昨季の91失策を上回るペースでポロポロやっている。

 内野だけで35失策。これには奈良原内野守備走塁コーチも「良くないよね」と顔をしかめ、「(二塁の)浅村はうまくなってきたけど、他の内野はねえ。理由? コーチが悪いからじゃないかな(笑い)。打開策は練習しかないです」と苦笑いだ。

 西武OBで現役時代は名二塁手として鳴らした山崎裕之氏は「練習やコーチがどうとか、そういうレベルの話じゃありませんよ」と、アキれながらこう続ける。

「内野手ならば打球の軌道、捕球する位置、そこからベースに投げる体勢まで、常に頭で計算してなくてはいけない。こんなことはプロに入る選手なら基本中の基本です。それを西武の内野手はできていない。何も考えてないから、打球に対応できず慌ててしまい、打球の目切りも早くなる。レベルが低過ぎます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る