セ相手に15試合10勝2敗 西武菊池は交流戦でなぜ無敵?

公開日:  更新日:

 7日の巨人戦で、西武の菊池雄星(24)が7回2安打9奪三振の好投でリーグトップタイとなる今季6勝目を挙げた。これで交流戦は、前回のDeNA戦に続いて2連勝。菊池はお立ち台で、「カーブを有効に使えた」と手応えを口にした。

 交流戦でやたらと強い。昨年は阪神、DeNA、ヤクルト相手に3連勝し、防御率は1.71。5勝11敗に終わった一昨年も、交流戦に限れば2勝1敗。13年は3勝1敗で、11年は1試合登板で勝ち負けつかず。通算で15試合に登板し、10勝2敗と高い勝率を誇る。

 セ球団のスコアラーが言う。

「メンタル面が課題といわれるのに、セ相手だと見下ろしたように投げてくる。セには、菊池のようなタイプの投手がいない。本格派左腕では中日の大野がいるが、彼はオーバースロー。菊池はスリークォーター気味のフォームから150キロ以上のストレートと、キレのいい変化球を投げる。年に1度対戦するかしないかということもあるけれど、ウチの打者も『球筋が把握しづらい』と嘆いている。セ球団にとって、菊池はもっとも難敵だといっても過言ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る