• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ相手に15試合10勝2敗 西武菊池は交流戦でなぜ無敵?

 7日の巨人戦で、西武の菊池雄星(24)が7回2安打9奪三振の好投でリーグトップタイとなる今季6勝目を挙げた。これで交流戦は、前回のDeNA戦に続いて2連勝。菊池はお立ち台で、「カーブを有効に使えた」と手応えを口にした。

 交流戦でやたらと強い。昨年は阪神、DeNA、ヤクルト相手に3連勝し、防御率は1.71。5勝11敗に終わった一昨年も、交流戦に限れば2勝1敗。13年は3勝1敗で、11年は1試合登板で勝ち負けつかず。通算で15試合に登板し、10勝2敗と高い勝率を誇る。

 セ球団のスコアラーが言う。

「メンタル面が課題といわれるのに、セ相手だと見下ろしたように投げてくる。セには、菊池のようなタイプの投手がいない。本格派左腕では中日の大野がいるが、彼はオーバースロー。菊池はスリークォーター気味のフォームから150キロ以上のストレートと、キレのいい変化球を投げる。年に1度対戦するかしないかということもあるけれど、ウチの打者も『球筋が把握しづらい』と嘆いている。セ球団にとって、菊池はもっとも難敵だといっても過言ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る