7回零封で早くも5勝 西武・菊池“7年目覚醒”に後輩の猛追

公開日: 更新日:

 花巻の桜が、遅まきながら開花したか。

 1日のDeNA戦に先発した西武の菊池雄星(24)が、7回無失点、11奪三振と好投。今季5勝目(5敗)を手にした。

 菊池は6球団競合の末、09年ドラフト1位で花巻東から西武に入団。「10年に1人の逸材」と持てはやされたが、キャリアハイは13年と昨季の9勝止まり。突如、制球を乱す癖を修正できずにいた。

 そんな菊池を変えたのが捕手の炭谷だ。「全部150キロを投げようとしているだろ」と指摘し、前回登板から緩いカーブを多用。ここ2試合連続で緩急を自在に操っている。

 だが、これまでの菊池なら素直に炭谷のアドバイスを聞いたかどうか。頑固な性格で、コーチのアドバイスは右から左。本で読んだ知識や外部のトレーナーの言葉ばかりを妄信していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る