日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7回零封で早くも5勝 西武・菊池“7年目覚醒”に後輩の猛追

 花巻の桜が、遅まきながら開花したか。

 1日のDeNA戦に先発した西武の菊池雄星(24)が、7回無失点、11奪三振と好投。今季5勝目(5敗)を手にした。

 菊池は6球団競合の末、09年ドラフト1位で花巻東から西武に入団。「10年に1人の逸材」と持てはやされたが、キャリアハイは13年と昨季の9勝止まり。突如、制球を乱す癖を修正できずにいた。

 そんな菊池を変えたのが捕手の炭谷だ。「全部150キロを投げようとしているだろ」と指摘し、前回登板から緩いカーブを多用。ここ2試合連続で緩急を自在に操っている。

 だが、これまでの菊池なら素直に炭谷のアドバイスを聞いたかどうか。頑固な性格で、コーチのアドバイスは右から左。本で読んだ知識や外部のトレーナーの言葉ばかりを妄信していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事