• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7回零封で早くも5勝 西武・菊池“7年目覚醒”に後輩の猛追

 花巻の桜が、遅まきながら開花したか。

 1日のDeNA戦に先発した西武の菊池雄星(24)が、7回無失点、11奪三振と好投。今季5勝目(5敗)を手にした。

 菊池は6球団競合の末、09年ドラフト1位で花巻東から西武に入団。「10年に1人の逸材」と持てはやされたが、キャリアハイは13年と昨季の9勝止まり。突如、制球を乱す癖を修正できずにいた。

 そんな菊池を変えたのが捕手の炭谷だ。「全部150キロを投げようとしているだろ」と指摘し、前回登板から緩いカーブを多用。ここ2試合連続で緩急を自在に操っている。

 だが、これまでの菊池なら素直に炭谷のアドバイスを聞いたかどうか。頑固な性格で、コーチのアドバイスは右から左。本で読んだ知識や外部のトレーナーの言葉ばかりを妄信していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る