今となっては幻…西武OBに「清原を監督に」構想あった

公開日:  更新日:

 むなしいエールになりそうだ。覚醒剤取締法違反で逮捕、起訴された清原和博被告(48)の初公判が終わると、球界からは激励の声が相次いだ。

 KKコンビの桑田真澄が「しっかりとリハビリに専念して、みんなが待っている彼本来の姿を見せて欲しい」と言えば、西武で同じ釜の飯を食った東尾元監督も「判決が下ったら電話を入れたいと思っている。ひとりで苦しかったら、信頼してくれる仲間を頼って欲しい」と発言。名球会の山本浩二理事長も「除名はしない。更生して、野球界に恩返しできるようになってくれればと思う」と期待を込めた。

 裁判で「罪を犯した自分が野球に向き合うのは野球に失礼」と話した清原被告は、その一方で、検察の調べには「監督やコーチになりたかった」と球界復帰への未練を語っていたという。が、古巣の西武関係者がこう言った。


「実は以前、広岡監督と森監督時代の主力選手が中心になってOB会を立ち上げようという動きがあった。西武にはOB会がない。このままじゃ、いい伝統が薄れ、OB同士のつながりが希薄になるばかりと危機感を持ったのがひとつ。もうひとつは『清原を監督にする会』という側面があった。黄金時代の主力が次々に流出。人気も成績も右肩下がりという現状を打破するには、清原を監督に迎えるのがベストで、その後押しをしようとなったものの、当時のフロント関係者に相談したら、『清原? ダメダメ。あり得ない』と相手にもされなかったそうだ。薬物疑惑報道が出るずっと前の話だよ。当時でそうなんだから、前科がついた今となっちゃ、そりゃもう絶対にないだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る