今となっては幻…西武OBに「清原を監督に」構想あった

公開日: 更新日:

 むなしいエールになりそうだ。覚醒剤取締法違反で逮捕、起訴された清原和博被告(48)の初公判が終わると、球界からは激励の声が相次いだ。

 KKコンビの桑田真澄が「しっかりとリハビリに専念して、みんなが待っている彼本来の姿を見せて欲しい」と言えば、西武で同じ釜の飯を食った東尾元監督も「判決が下ったら電話を入れたいと思っている。ひとりで苦しかったら、信頼してくれる仲間を頼って欲しい」と発言。名球会の山本浩二理事長も「除名はしない。更生して、野球界に恩返しできるようになってくれればと思う」と期待を込めた。

 裁判で「罪を犯した自分が野球に向き合うのは野球に失礼」と話した清原被告は、その一方で、検察の調べには「監督やコーチになりたかった」と球界復帰への未練を語っていたという。が、古巣の西武関係者がこう言った。


「実は以前、広岡監督と森監督時代の主力選手が中心になってOB会を立ち上げようという動きがあった。西武にはOB会がない。このままじゃ、いい伝統が薄れ、OB同士のつながりが希薄になるばかりと危機感を持ったのがひとつ。もうひとつは『清原を監督にする会』という側面があった。黄金時代の主力が次々に流出。人気も成績も右肩下がりという現状を打破するには、清原を監督に迎えるのがベストで、その後押しをしようとなったものの、当時のフロント関係者に相談したら、『清原? ダメダメ。あり得ない』と相手にもされなかったそうだ。薬物疑惑報道が出るずっと前の話だよ。当時でそうなんだから、前科がついた今となっちゃ、そりゃもう絶対にないだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  9. 9

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  10. 10

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

もっと見る