「1安打男」本領発揮 西武・岸は2度目“ノーノー”に現実味

公開日: 更新日:

 西武の岸孝之(31)がまた快投を見せた。

 5日の日本ハム戦で五回まで無安打投球。六回、市川に左前打を許したが、終わってみれば打たれたのはこの1本のみだった。大量10点の援護にも恵まれ、堂々の1安打完封勝利である。

 岸の1安打といえば、まだ記憶に新しいのが昨年7月10日の同じ日ハム戦。七回までノーヒットノーランと完璧な投球を見せながら、八回に二塁打とスクイズで0-1の敗戦投手になった。「1安打完投負け」は球団史上初。悔しい「チーム記録」となったものの、14年5月にノーヒットノーラン、10年4月に1安打完封勝利を記録しており「好調時の岸には手も足も出ない」と改めて他球団に印象付けた。

 この日、2年ぶりの完封で今季2勝目を挙げた岸は、これで開幕から16回無失点。「(野手が)打って守ってくれ、気持ちよく投げられました」と笑顔で振り返った。今季、自身2度目のノーヒットノーランもありそうな気配である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る