「1安打男」本領発揮 西武・岸は2度目“ノーノー”に現実味

公開日: 更新日:

 西武岸孝之(31)がまた快投を見せた。

 5日の日本ハム戦で五回まで無安打投球。六回、市川に左前打を許したが、終わってみれば打たれたのはこの1本のみだった。大量10点の援護にも恵まれ、堂々の1安打完封勝利である。

 岸の1安打といえば、まだ記憶に新しいのが昨年7月10日の同じ日ハム戦。七回までノーヒットノーランと完璧な投球を見せながら、八回に二塁打とスクイズで0-1の敗戦投手になった。「1安打完投負け」は球団史上初。悔しい「チーム記録」となったものの、14年5月にノーヒットノーラン、10年4月に1安打完封勝利を記録しており「好調時の岸には手も足も出ない」と改めて他球団に印象付けた。

 この日、2年ぶりの完封で今季2勝目を挙げた岸は、これで開幕から16回無失点。「(野手が)打って守ってくれ、気持ちよく投げられました」と笑顔で振り返った。今季、自身2度目のノーヒットノーランもありそうな気配である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

もっと見る