「1安打男」本領発揮 西武・岸は2度目“ノーノー”に現実味

公開日: 更新日:

 西武岸孝之(31)がまた快投を見せた。

 5日の日本ハム戦で五回まで無安打投球。六回、市川に左前打を許したが、終わってみれば打たれたのはこの1本のみだった。大量10点の援護にも恵まれ、堂々の1安打完封勝利である。

 岸の1安打といえば、まだ記憶に新しいのが昨年7月10日の同じ日ハム戦。七回までノーヒットノーランと完璧な投球を見せながら、八回に二塁打とスクイズで0-1の敗戦投手になった。「1安打完投負け」は球団史上初。悔しい「チーム記録」となったものの、14年5月にノーヒットノーラン、10年4月に1安打完封勝利を記録しており「好調時の岸には手も足も出ない」と改めて他球団に印象付けた。

 この日、2年ぶりの完封で今季2勝目を挙げた岸は、これで開幕から16回無失点。「(野手が)打って守ってくれ、気持ちよく投げられました」と笑顔で振り返った。今季、自身2度目のノーヒットノーランもありそうな気配である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

    V争うオリは大迷惑! 公式戦で日ハム斎藤佑樹の引退試合 “三振お約束”にも球界OB苦言

  2. 2
    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

    大越健介キャスターがつまらない! テレ朝「報ステ」は何に遠慮しているのか

  3. 3
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 4
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 5
    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

    速報!2021年秋ドラマ前半戦を採点「恋です!」「日本沈没」「スナックキズツキ」

もっと見る

  1. 6
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか

  2. 7
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8
    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

    NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼

  4. 9
    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

    眞子さま結婚で皇位継承さらに先細り…「旧宮家の復活」「愛子さまとの養子縁組」って何だ?

  5. 10
    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか

    引退する日本ハム斎藤佑樹はなぜプロで活躍できなかったか