日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サントリーLは姜秀衍V…“4日間大会”で日本人10連敗の謎

【サントリーレディス】

 単独首位発進の姜秀衍(40)が1打リードして迎えた最終18番。外せば4人によるプレーオフという場面で、2メートル弱のパーパットを落ち着いて決め、3年ぶりのツアー2勝目、日米韓通算14勝目を挙げた。

 これで今季14試合中外国人プロが8勝目となったが、今大会を含む4日間大会に関しては開幕戦のテレサ・ルー(28)からはじまり、李知姫(37)、L・トンプソン(21)とすべて外国人が勝利。日本人は昨年の今大会で成田美寿々(23)が勝って以来、10連敗である。

 4日間大会は真の実力が試される。米女子ツアーは、35試合中そのほとんどの32試合が4日間大会だ。

 そこで国内ツアーも小林浩美LPGA会長の「世界基準で戦える力をつけるための環境を整える」という“号令”のもと、今季は2試合増やして38試合中11試合、2020年までに半分の試合を4日間大会にする方針を打ち出している。ところが肝心の日本人が歯が立たないのだから、どうしようもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事