日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

親指ケガ響き朴仁妃予選落ち 韓国リオ五輪代表が大激戦に

【全米女子プロ選手権】

 今大会3連覇中の朴仁妃(27)がおかしい。初日は前半アウト2アンダーから、後半に3ボギーと崩れて1オーバー20位タイ。

 2日目は1バーディー、7ボギー、1ダブルボギーの79で、通算9オーバーとメタメタで予選落ち。2メートル足らずのショートパットを外すなど、メジャー7勝、世界ランク2位らしからぬお粗末なプレーが目立った。

 実は左手親指を負傷、テーピングしてプレーしており体調が万全ではないのだ。直近2試合は棄権しており、4月のロッテ選手権からまともに4日間プレーしていない。

 今大会は1ラウンド終了時点でLPGA殿堂入りの要件を満たすため、強行出場したのではないかともみられている。

 だから、リオ五輪代表は、韓国女子の1番手につけながらこの日は慎重な言葉が出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事