日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シード権ないのに…なぜ有村智恵だけ「主催者推薦」出場

【サントリーレディス】

 米女子ツアーを撤退した有村智恵(28)にとって、今大会は国内ツアー復帰戦。3位発進の2日目はスコアを2つ落とし、3アンダー13位と後退した。

 有村はここ3年間、米ツアーを主戦場にしていたため、昨季限りで国内ツアーのシード権を喪失しており、大会への出場資格はない。そこで主催者推薦で出場というわけだ。

 ところが有村の出場をめぐって、他の女子プロから「ちょっとおかしいんじゃないの」という非難の声が上がっている。有村が“特別扱い”されているというのだ。

 シードを持たない女子プロが今大会に出場するには、主催者推薦選考会(マンデートーナメント・6日開催)を通過するか、主催者推薦しかない。有村だけがなぜ主催者推薦で出場できたのか、という疑問だ。関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事