• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“飛ばし屋”ジョンソンがメジャー初Vで昨年の雪辱果たす

【全米オープン 最終日】

 初日サスペンデッドから大会日程が大幅に狂った今年の全米オープン。 最終日は第3ラウンドの残りを消化して単独トップに立ったシェーン・ローリー(29=アイルランド)が通算7アンダー。そして昨年大会の最終18番パー5でまさかの3パットで初優勝を逃し、雪辱狙うダスティン・ジョンソン(31=米国)が通算3アンダー2位タイ発進と、その差は4打もあった。

 アウト9ホールの2人は対照的だった。

 最終組ローリーの1組前でプレーしたジョンソンは圧倒的な飛距離を武器にギャラリーを味方につけて勢いがあった。出だし1番は下り傾斜とはいえ378ヤードも飛ばした。そして飛ばし屋にはワンオン可能な2番パー4(320ヤード)でドライバーショットをグリーンそばまで運ぶと、楽々と1つ目のバーディー。その後は危なげないパーセーブを続け、9番で2メートルのバーディーパットを入れて通算5アンダー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る