松山が12オーバー 飛ばし屋の快音に狂ったスイングリズム

公開日:  更新日:

【全米オープン】

 大会初日が雷雲による3度の中断でサスペンデッドになり、1ホールもプレーできなかった松山英樹(24)。2日目は36ホールプレーの長丁場になった。

 同組はメジャー初優勝を狙う米ツアー9勝のダスティン・ジョンソン(31=米国)、同9勝のセルヒオ・ガルシア(36=スペイン)のベテラン2人。ジョンソンのドライバー平均飛距離は309.5ヤード(ランク3位)、ガルシアは298.8ヤード(同26位)と松山(292ヤード・同66位)をオーバードライブする飛ばし屋だ。

 第1ラウンドは朝9時6分にアウト発進。

 4番パー5で残り288ヤードを2オンに成功。7メートルのイーグルパットは惜しくもカップ左に外れたが、幸先よくバーディーが先行。ところが続く5番でダブルボギーをたたくと、9番、10番、13番、15番とボギーの山を築いて5オーバーまで崩れた。ワンオンを狙える17番パー4はドライバーで花道まで運び、アプローチはピンそば50センチにぴたり。ここで2つ目のバーディーを奪って4オーバー67位で第1ラウンドを終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る