松山が12オーバー 飛ばし屋の快音に狂ったスイングリズム

公開日:  更新日:

【全米オープン】

 大会初日が雷雲による3度の中断でサスペンデッドになり、1ホールもプレーできなかった松山英樹(24)。2日目は36ホールプレーの長丁場になった。

 同組はメジャー初優勝を狙う米ツアー9勝のダスティン・ジョンソン(31=米国)、同9勝のセルヒオ・ガルシア(36=スペイン)のベテラン2人。ジョンソンのドライバー平均飛距離は309.5ヤード(ランク3位)、ガルシアは298.8ヤード(同26位)と松山(292ヤード・同66位)をオーバードライブする飛ばし屋だ。

 第1ラウンドは朝9時6分にアウト発進。

 4番パー5で残り288ヤードを2オンに成功。7メートルのイーグルパットは惜しくもカップ左に外れたが、幸先よくバーディーが先行。ところが続く5番でダブルボギーをたたくと、9番、10番、13番、15番とボギーの山を築いて5オーバーまで崩れた。ワンオンを狙える17番パー4はドライバーで花道まで運び、アプローチはピンそば50センチにぴたり。ここで2つ目のバーディーを奪って4オーバー67位で第1ラウンドを終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る