凡プレー連発 “世界で戦う気がない”男子ツアーの低レベル

公開日:  更新日:

【ミズノオープン】

 日本人だけでなく韓国人もニュージーランド人も、日本ツアーでプレーする連中はみんなゴルフが下手、というのがよくわかった。

 金庚泰(29)が最終日にスコアを1つ落として逃げ切り、今季3勝目を挙げた男子大会。同じ最終組の李尚熹(24)は最終18番で短いバーディーパットを決められずにプレーオフ進出を逃し、ニュージーランド人のM・ヘンドリー(36)は後半に3つもスコアを落として自滅。金も18番で得意の3番ウッドを手にしながら右に大きく曲げてパーセーブがやっとだった。雨が降ったとはいえ、「ホントにプロなの?」と疑いたくなるほど見どころゼロ。いつも外国人に優勝をさらわれる日本人プロは、もっと下手ということになる。

 評論家の宮崎紘一氏がこう指摘する。

「金はかつて米ツアーに挑戦したが、まったく歯が立たずにしっぽを巻いて日本ツアーに舞い戻った選手。そんな金でもすでに3勝を挙げたのは、まわりの選手が大したことがないからです。手に汗握るドラマもなく、これでは入場料をとって観客に見せる試合とは言えない。日本ツアーは海外で通用しないプロの集まりだから仕方ないとはいえ、勝てば2000万円、2位でも720万円がもらえるとわかったら、汗水流して働いても長引く不況から給料が一向に上がらないサラリーマンは頭にきますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る