日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不甲斐ない若手に喝! 48歳“オヤジプロ”谷口徹が3位タイ

【日本ゴルフツアー選手権森ビルカップ】

 コース設定がタフになれば、バーディー合戦ではなく、いかにボギーをたたかないか、というしぶといプレースタイルが求められる。パーセーブの戦いなら飛ばしよりも、フェアウエーキープが大前提になる。

 だから今週は、ドライバーを振り回す若手だけでなく、ベテランにもチャンスが巡ってくるというわけだ。

 日本勢最高の2打差3位タイにつけたのが48歳の谷口徹だ。ツアー通算19勝を誇り、02年、07年と2度の賞金王に輝いている。ここ4年間は優勝から遠ざかっているとはいえ、ゲーム展開を予想しながらの試合運びはよく知っている。

「48歳に(優勝を)頼られてもね。僕はエンジョイしながらやっている感じ。そこまでガツガツしていない。楽しんでやっています」(谷口)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事