居心地良し イチロー安打量産はマーリンズだからこそ

公開日:  更新日:

 22日(日本時間23日)のブレーブス戦に「1番・右翼」でスタメン出場し、4打数1安打。今季48本目のヒットを放ち、3000本まで17本としたイチロー(42)。

 日本時間16日、プロ通算4257安打を打った直後の会見だった。今季好調な理由を聞かれ、「3年間ちょっとしんどかった。ヤンキースの2、3年目、マイアミの1年目」とこう言った。

「いろいろありますよ、要因は。ただ、同じユニホームを着た人に足を引っ張られないということは大きい。本当にいい仲間だと思います」

 マリナーズ時代には同僚から「ヒットを打つことしか考えていないヤツがいる」「ぶん殴ってやりたい」などと陰口をたたかれたが、ここ3年間も同様のことが何かあったのか。

「ヤンキース時代には冷遇され、自分の起用法について首脳陣に何か言いたそうな雰囲気はありましたけど、マーリンズに移籍後は思い当たりませんね」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る