• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

居心地良し イチロー安打量産はマーリンズだからこそ

 22日(日本時間23日)のブレーブス戦に「1番・右翼」でスタメン出場し、4打数1安打。今季48本目のヒットを放ち、3000本まで17本としたイチロー(42)。

 日本時間16日、プロ通算4257安打を打った直後の会見だった。今季好調な理由を聞かれ、「3年間ちょっとしんどかった。ヤンキースの2、3年目、マイアミの1年目」とこう言った。

「いろいろありますよ、要因は。ただ、同じユニホームを着た人に足を引っ張られないということは大きい。本当にいい仲間だと思います」

 マリナーズ時代には同僚から「ヒットを打つことしか考えていないヤツがいる」「ぶん殴ってやりたい」などと陰口をたたかれたが、ここ3年間も同様のことが何かあったのか。

「ヤンキース時代には冷遇され、自分の起用法について首脳陣に何か言いたそうな雰囲気はありましたけど、マーリンズに移籍後は思い当たりませんね」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る