居心地良し イチロー安打量産はマーリンズだからこそ

公開日: 更新日:

 22日(日本時間23日)のブレーブス戦に「1番・右翼」でスタメン出場し、4打数1安打。今季48本目のヒットを放ち、3000本まで17本としたイチロー(42)。

 日本時間16日、プロ通算4257安打を打った直後の会見だった。今季好調な理由を聞かれ、「3年間ちょっとしんどかった。ヤンキースの2、3年目、マイアミの1年目」とこう言った。

「いろいろありますよ、要因は。ただ、同じユニホームを着た人に足を引っ張られないということは大きい。本当にいい仲間だと思います」

 マリナーズ時代には同僚から「ヒットを打つことしか考えていないヤツがいる」「ぶん殴ってやりたい」などと陰口をたたかれたが、ここ3年間も同様のことが何かあったのか。

「ヤンキース時代には冷遇され、自分の起用法について首脳陣に何か言いたそうな雰囲気はありましたけど、マーリンズに移籍後は思い当たりませんね」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る