居心地良し イチロー安打量産はマーリンズだからこそ

公開日:  更新日:

 22日(日本時間23日)のブレーブス戦に「1番・右翼」でスタメン出場し、4打数1安打。今季48本目のヒットを放ち、3000本まで17本としたイチロー(42)。

 日本時間16日、プロ通算4257安打を打った直後の会見だった。今季好調な理由を聞かれ、「3年間ちょっとしんどかった。ヤンキースの2、3年目、マイアミの1年目」とこう言った。

「いろいろありますよ、要因は。ただ、同じユニホームを着た人に足を引っ張られないということは大きい。本当にいい仲間だと思います」

 マリナーズ時代には同僚から「ヒットを打つことしか考えていないヤツがいる」「ぶん殴ってやりたい」などと陰口をたたかれたが、ここ3年間も同様のことが何かあったのか。

「ヤンキース時代には冷遇され、自分の起用法について首脳陣に何か言いたそうな雰囲気はありましたけど、マーリンズに移籍後は思い当たりませんね」と、スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る