恩師は日本復帰熱望…イチロー偉業達成後に待つ“引き際”

公開日: 更新日:

「今年は特に調子がいいと思いますね。打つときに軸がブレず、ためがある。イチ、ニ、サンではなくイチ、ニィ~ノ~、サンのタイミングでボールをとらえています。昨年はいまひとつでしたけど最近はいいときの状態に戻ったように見える。体調も良く、若返っているようにも感じますね」

 米大リーグ、マーリンズのイチロー(42)についてこう言うのは野球評論家の河村健一郎氏。イチローのオリックス時代の打撃コーチで、恩師でもある同氏が、日米通算であと4本に迫ったピート・ローズの4256安打はもちろん、あと26本に迫ったメジャー通算3000安打をクリアするのも「時間の問題」と言うのだ。

 記録としての価値が疑問視されている日米通算安打はともかく、イチローはメジャー3000安打にこだわりを持っているといわれる。日本ではオリックス、メジャーではマリナーズという比較的、地味な球団で育ったイチローにとって、140年の歴史を持つメジャーでも29人しか達成していない金字塔は是が非でも欲しい勲章に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る