• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

恩師は日本復帰熱望…イチロー偉業達成後に待つ“引き際”

「今年は特に調子がいいと思いますね。打つときに軸がブレず、ためがある。イチ、ニ、サンではなくイチ、ニィ~ノ~、サンのタイミングでボールをとらえています。昨年はいまひとつでしたけど最近はいいときの状態に戻ったように見える。体調も良く、若返っているようにも感じますね」

 米大リーグ、マーリンズのイチロー(42)についてこう言うのは野球評論家の河村健一郎氏。イチローのオリックス時代の打撃コーチで、恩師でもある同氏が、日米通算であと4本に迫ったピート・ローズの4256安打はもちろん、あと26本に迫ったメジャー通算3000安打をクリアするのも「時間の問題」と言うのだ。

 記録としての価値が疑問視されている日米通算安打はともかく、イチローはメジャー3000安打にこだわりを持っているといわれる。日本ではオリックス、メジャーではマリナーズという比較的、地味な球団で育ったイチローにとって、140年の歴史を持つメジャーでも29人しか達成していない金字塔は是が非でも欲しい勲章に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る