恩師は日本復帰熱望…イチロー偉業達成後に待つ“引き際”

公開日:  更新日:

「今年は特に調子がいいと思いますね。打つときに軸がブレず、ためがある。イチ、ニ、サンではなくイチ、ニィ~ノ~、サンのタイミングでボールをとらえています。昨年はいまひとつでしたけど最近はいいときの状態に戻ったように見える。体調も良く、若返っているようにも感じますね」

 米大リーグ、マーリンズのイチロー(42)についてこう言うのは野球評論家の河村健一郎氏。イチローのオリックス時代の打撃コーチで、恩師でもある同氏が、日米通算であと4本に迫ったピート・ローズの4256安打はもちろん、あと26本に迫ったメジャー通算3000安打をクリアするのも「時間の問題」と言うのだ。

 記録としての価値が疑問視されている日米通算安打はともかく、イチローはメジャー3000安打にこだわりを持っているといわれる。日本ではオリックス、メジャーではマリナーズという比較的、地味な球団で育ったイチローにとって、140年の歴史を持つメジャーでも29人しか達成していない金字塔は是が非でも欲しい勲章に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る