• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小林怪我、阿部復帰未定 巨人“40歳正捕手”相川に激務不安

 巨人の小林誠司(27)が22日に登録を抹消されたことで重要度が増すのが、相川亮二(39)である。交流戦開幕前は「慎之助は捕手」と言っていた村田ヘッドコーチは「現状は相川と実松の2人」と阿部の早期捕手復帰は諦めたのか、トーンダウンしている。

 こうなると正捕手は相川だ。交流戦の最後の2試合もスタメンマスクをかぶった。リードや打撃面で定評があるが来月40歳。阿部より年上だ。そんなベテランが連日の激務に耐えられるのか。

「筋骨隆々で体が強いイメージがあるが、実はその逆。今年は開幕直前に腰痛を訴えて二軍スタート。FA入団1年目の昨年は、開幕直後の4月に右太もも裏を肉離れして離脱した。5月終わりに復帰したと思ったら、今度は7月終わりに試合中に左手を骨折してまた離脱。年齢的に仕方ないとはいえ、実は阿部以上に故障がちです。実松も控えているが、肩に不安があろうが、阿部がスタンバイするしかなくなる緊急事態になる可能性はある」(チーム関係者)

 その阿部は昨23日、キャッチャーミットを着けて練習を行った。相川が離脱した時のための準備かもしれないが、6ゲーム差で広島を追う巨人の扇の要が40歳では、不安は尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る