小林怪我、阿部復帰未定 巨人“40歳正捕手”相川に激務不安

公開日:  更新日:

 巨人の小林誠司(27)が22日に登録を抹消されたことで重要度が増すのが、相川亮二(39)である。交流戦開幕前は「慎之助は捕手」と言っていた村田ヘッドコーチは「現状は相川と実松の2人」と阿部の早期捕手復帰は諦めたのか、トーンダウンしている。

 こうなると正捕手は相川だ。交流戦の最後の2試合もスタメンマスクをかぶった。リードや打撃面で定評があるが来月40歳。阿部より年上だ。そんなベテランが連日の激務に耐えられるのか。

「筋骨隆々で体が強いイメージがあるが、実はその逆。今年は開幕直前に腰痛を訴えて二軍スタート。FA入団1年目の昨年は、開幕直後の4月に右太もも裏を肉離れして離脱した。5月終わりに復帰したと思ったら、今度は7月終わりに試合中に左手を骨折してまた離脱。年齢的に仕方ないとはいえ、実は阿部以上に故障がちです。実松も控えているが、肩に不安があろうが、阿部がスタンバイするしかなくなる緊急事態になる可能性はある」(チーム関係者)

 その阿部は昨23日、キャッチャーミットを着けて練習を行った。相川が離脱した時のための準備かもしれないが、6ゲーム差で広島を追う巨人の扇の要が40歳では、不安は尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る