• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小林怪我、阿部復帰未定 巨人“40歳正捕手”相川に激務不安

 巨人の小林誠司(27)が22日に登録を抹消されたことで重要度が増すのが、相川亮二(39)である。交流戦開幕前は「慎之助は捕手」と言っていた村田ヘッドコーチは「現状は相川と実松の2人」と阿部の早期捕手復帰は諦めたのか、トーンダウンしている。

 こうなると正捕手は相川だ。交流戦の最後の2試合もスタメンマスクをかぶった。リードや打撃面で定評があるが来月40歳。阿部より年上だ。そんなベテランが連日の激務に耐えられるのか。

「筋骨隆々で体が強いイメージがあるが、実はその逆。今年は開幕直前に腰痛を訴えて二軍スタート。FA入団1年目の昨年は、開幕直後の4月に右太もも裏を肉離れして離脱した。5月終わりに復帰したと思ったら、今度は7月終わりに試合中に左手を骨折してまた離脱。年齢的に仕方ないとはいえ、実は阿部以上に故障がちです。実松も控えているが、肩に不安があろうが、阿部がスタンバイするしかなくなる緊急事態になる可能性はある」(チーム関係者)

 その阿部は昨23日、キャッチャーミットを着けて練習を行った。相川が離脱した時のための準備かもしれないが、6ゲーム差で広島を追う巨人の扇の要が40歳では、不安は尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る