小林怪我、阿部復帰未定 巨人“40歳正捕手”相川に激務不安

公開日:  更新日:

 巨人の小林誠司(27)が22日に登録を抹消されたことで重要度が増すのが、相川亮二(39)である。交流戦開幕前は「慎之助は捕手」と言っていた村田ヘッドコーチは「現状は相川と実松の2人」と阿部の早期捕手復帰は諦めたのか、トーンダウンしている。

 こうなると正捕手は相川だ。交流戦の最後の2試合もスタメンマスクをかぶった。リードや打撃面で定評があるが来月40歳。阿部より年上だ。そんなベテランが連日の激務に耐えられるのか。

「筋骨隆々で体が強いイメージがあるが、実はその逆。今年は開幕直前に腰痛を訴えて二軍スタート。FA入団1年目の昨年は、開幕直後の4月に右太もも裏を肉離れして離脱した。5月終わりに復帰したと思ったら、今度は7月終わりに試合中に左手を骨折してまた離脱。年齢的に仕方ないとはいえ、実は阿部以上に故障がちです。実松も控えているが、肩に不安があろうが、阿部がスタンバイするしかなくなる緊急事態になる可能性はある」(チーム関係者)

 その阿部は昨23日、キャッチャーミットを着けて練習を行った。相川が離脱した時のための準備かもしれないが、6ゲーム差で広島を追う巨人の扇の要が40歳では、不安は尽きない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る