日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

捕手難の巨人救う“第三の男” 相川に課せられる3つの仕事

 巨人の相川亮二(39)が1日の日本ハム戦から一軍に合流するため、29日、札幌へ移動した。宮崎キャンプはベテランのスペシャル班で独自調整。2次キャンプ地の沖縄へは行かず、宮崎に残留して二軍で練習を行っていた。

 今季から捕手に復帰する阿部慎之助(36)と3年目の小林誠司(26)の正捕手争いに注目が集まる中、高橋由伸監督(40)が満を持して“元サヤ”に戻した阿部はいまだマスクをかぶれず、調整は遅れ気味。そもそも、古傷の首などの状態を見なければならないため、一年を通じて捕手として出場するのは厳しいとの見方が大半だ。それなら、若い小林でいいじゃないかといえば、そう簡単な話でもない。

 小林がオープン戦で本塁打を放った際も高橋監督は「開幕マスク? ないわけじゃない」と微妙な言い回しだった。要するに、正捕手の座は簡単には与えないということなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事