米新鋭がロクテ破る 金銀狙う萩野&瀬戸に超強力ライバル

公開日: 更新日:

 リオ五輪の競泳でメダル取りが有力視される日本男子の両エースに強力なライバルが現れた。

 26日(日本時間27日)に開幕した米国五輪代表選考会(ネブラスカ州オマハ)の男子400メートル個人メドレーで優勝したチェース・カリズ(22)である。

 決勝では同種目でロンドン五輪金メダルのライアン・ロクテに前半はリードされながら、後半の平泳ぎで逆転。最後の自由形で引き離して初の五輪代表権を勝ち取った。

 リオ五輪競泳初日の8月6日(現地時間)に、全種目で最初の決勝が行われる400メートル個人メドレーで金銀独占を狙う萩野公介(21)、瀬戸大也(22)の2人の前に、同じ94年生まれの米国の新鋭が立ちはだかりそうだ。

 カリズがこの日の決勝でマークした4分09秒54は今季のベストタイムでは萩野(4分08秒85)に次いで世界2位。3位の瀬戸(4分10秒53)を1秒近く上回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る