• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米新鋭がロクテ破る 金銀狙う萩野&瀬戸に超強力ライバル

 リオ五輪の競泳でメダル取りが有力視される日本男子の両エースに強力なライバルが現れた。

 26日(日本時間27日)に開幕した米国五輪代表選考会(ネブラスカ州オマハ)の男子400メートル個人メドレーで優勝したチェース・カリズ(22)である。

 決勝では同種目でロンドン五輪金メダルのライアン・ロクテに前半はリードされながら、後半の平泳ぎで逆転。最後の自由形で引き離して初の五輪代表権を勝ち取った。

 リオ五輪競泳初日の8月6日(現地時間)に、全種目で最初の決勝が行われる400メートル個人メドレーで金銀独占を狙う萩野公介(21)、瀬戸大也(22)の2人の前に、同じ94年生まれの米国の新鋭が立ちはだかりそうだ。

 カリズがこの日の決勝でマークした4分09秒54は今季のベストタイムでは萩野(4分08秒85)に次いで世界2位。3位の瀬戸(4分10秒53)を1秒近く上回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

もっと見る