4大会連続五輪の“兄貴”松田丈志が語る競泳日本の潜在能力

公開日: 更新日:

 リオ五輪でのメダル量産が期待される競泳日本代表。

 19日はきょう開幕の海外勢も参加する「ジャパン・オープン」の公式練習に臨み、各選手とも約1時間半の泳ぎ込みを行った。

 萩野公介、瀬戸大也(ともに21)を中心に「史上最強」ともいわれる今回の競泳日本代表について「本当に頼もしいメンバーが揃っている」と言うのは五輪で3個のメダルを獲得しているベテランの松田丈志(31)だ。

 04年アテネ五輪から4大会連続出場となる松田は今回、個人種目(バタフライ)での代表入りは逃したが、800メートルフリーリレーでメンバー入りを果たした。最年少は中3の酒井夏海(14)と年齢層が幅広い代表チームにあって最年長でもある松田は兄貴分的存在でもある。

「(最年長とはいえ)僕が何か特別なことをしているわけではありません。(全体ミーティングでは)僕が一方的に話すわけではなく、選手の間で活発な意見が飛び交っています。いいメンバーばかりで、僕はコーチと選手の間を取り持つような役割に徹しています」(松田)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  5. 5

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  6. 6

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  7. 7

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  8. 8

    “コントの神様”志村けんは「キッチリ準備」が仕事の流儀

  9. 9

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  10. 10

    錦織圭4大大会5連続8強 好調の裏に“恋人との一軒家ステイ”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る