4大会連続五輪の“兄貴”松田丈志が語る競泳日本の潜在能力

公開日: 更新日:

 リオ五輪でのメダル量産が期待される競泳日本代表。

 19日はきょう開幕の海外勢も参加する「ジャパン・オープン」の公式練習に臨み、各選手とも約1時間半の泳ぎ込みを行った。

 萩野公介瀬戸大也(ともに21)を中心に「史上最強」ともいわれる今回の競泳日本代表について「本当に頼もしいメンバーが揃っている」と言うのは五輪で3個のメダルを獲得しているベテランの松田丈志(31)だ。

 04年アテネ五輪から4大会連続出場となる松田は今回、個人種目(バタフライ)での代表入りは逃したが、800メートルフリーリレーでメンバー入りを果たした。最年少は中3の酒井夏海(14)と年齢層が幅広い代表チームにあって最年長でもある松田は兄貴分的存在でもある。

「(最年長とはいえ)僕が何か特別なことをしているわけではありません。(全体ミーティングでは)僕が一方的に話すわけではなく、選手の間で活発な意見が飛び交っています。いいメンバーばかりで、僕はコーチと選手の間を取り持つような役割に徹しています」(松田)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る