• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4大会連続五輪の“兄貴”松田丈志が語る競泳日本の潜在能力

 リオ五輪でのメダル量産が期待される競泳日本代表。

 19日はきょう開幕の海外勢も参加する「ジャパン・オープン」の公式練習に臨み、各選手とも約1時間半の泳ぎ込みを行った。

 萩野公介、瀬戸大也(ともに21)を中心に「史上最強」ともいわれる今回の競泳日本代表について「本当に頼もしいメンバーが揃っている」と言うのは五輪で3個のメダルを獲得しているベテランの松田丈志(31)だ。

 04年アテネ五輪から4大会連続出場となる松田は今回、個人種目(バタフライ)での代表入りは逃したが、800メートルフリーリレーでメンバー入りを果たした。最年少は中3の酒井夏海(14)と年齢層が幅広い代表チームにあって最年長でもある松田は兄貴分的存在でもある。

「(最年長とはいえ)僕が何か特別なことをしているわけではありません。(全体ミーティングでは)僕が一方的に話すわけではなく、選手の間で活発な意見が飛び交っています。いいメンバーばかりで、僕はコーチと選手の間を取り持つような役割に徹しています」(松田)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る