欧州合宿のリスク 日本競泳陣はリオまでに“丸裸”にされる

公開日: 更新日:

 競泳男女のメダル候補がリオ五輪に向けて早くも最終仕上げに入る。

 男子200、400メートル個人メドレー、200メートル自由形の萩野公介(21)と、女子200メートルバタフライの星奈津美(25)が合宿地の欧州に向けて出発。現地ではスペイン・グラナダで高地合宿を張り、欧州GP、フランス・オープンなどのレースに参戦する。この間、日本には帰国せず、7月末には現地からリオの選手村に入る。

 搭乗を前に成田空港で取材に応じた萩野は「練習をしっかり積んで、最高に濃密な2カ月になればいい」と意気込みを口にした。

 萩野らが出場するレースは欧州の強豪選手が五輪本番前の最終調整を目的にこぞって参戦する。日本勢にとっては本番さながらの大会で仕上がりを試す絶好の機会だが、その一方でリスクも伴う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    攻める「新しい地図」 破天荒アイドルBiSHと共演の皮算用

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る