欧州合宿のリスク 日本競泳陣はリオまでに“丸裸”にされる

公開日:  更新日:

 競泳男女のメダル候補がリオ五輪に向けて早くも最終仕上げに入る。

 男子200、400メートル個人メドレー、200メートル自由形の萩野公介(21)と、女子200メートルバタフライの星奈津美(25)が合宿地の欧州に向けて出発。現地ではスペイン・グラナダで高地合宿を張り、欧州GP、フランス・オープンなどのレースに参戦する。この間、日本には帰国せず、7月末には現地からリオの選手村に入る。

 搭乗を前に成田空港で取材に応じた萩野は「練習をしっかり積んで、最高に濃密な2カ月になればいい」と意気込みを口にした。

 萩野らが出場するレースは欧州の強豪選手が五輪本番前の最終調整を目的にこぞって参戦する。日本勢にとっては本番さながらの大会で仕上がりを試す絶好の機会だが、その一方でリスクも伴う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る