• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欧州合宿のリスク 日本競泳陣はリオまでに“丸裸”にされる

 競泳男女のメダル候補がリオ五輪に向けて早くも最終仕上げに入る。

 男子200、400メートル個人メドレー、200メートル自由形の萩野公介(21)と、女子200メートルバタフライの星奈津美(25)が合宿地の欧州に向けて出発。現地ではスペイン・グラナダで高地合宿を張り、欧州GP、フランス・オープンなどのレースに参戦する。この間、日本には帰国せず、7月末には現地からリオの選手村に入る。

 搭乗を前に成田空港で取材に応じた萩野は「練習をしっかり積んで、最高に濃密な2カ月になればいい」と意気込みを口にした。

 萩野らが出場するレースは欧州の強豪選手が五輪本番前の最終調整を目的にこぞって参戦する。日本勢にとっては本番さながらの大会で仕上がりを試す絶好の機会だが、その一方でリスクも伴う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る