8勝目の広島ジョンソン 「中6日」の日本は天国の居心地

公開日:  更新日:

 そりゃ、米国に帰る気がないのも当然だ。

 1日のDeNA戦に先発した広島のジョンソン(31)が7回2失点の好投で、8勝目(5敗)を挙げた。

 6月4日、シーズン中にもかかわらず、契約を延長。年俸1億3000万円から倍以上となる3億2000万円の3年契約を結んだ。しかも、出来高は最高で年間1億5000万円。活躍次第で、最高3年15億円以上ものカネが懐に入る。

 入団1年目の昨季は14勝7敗、防御率1.85。メジャースカウトも米国に復帰させるべく、調査を開始していたという。それが「決断は容易だった」と、メジャーなど見向きもしなかったのだ。

 それもそのはず。ジョンソンは夫婦揃っての「日本びいき」。昨年11月に結婚したカーリン夫人は昨シーズン中からジョンソンと行動を共にしており、休日は揃って日本各地の名所巡りやグルメツアーを満喫。その様子を自らのブログにアップしていた。日程も中4日のメジャーと中6日の日本では比較にならない。至れり尽くせりの上、多額の年俸までもらえるのだから今更米国で冒険する気にならなくて当然だ。

 この夫婦にとって、日本はまさに「黄金の国」に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る