• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8勝目の広島ジョンソン 「中6日」の日本は天国の居心地

 そりゃ、米国に帰る気がないのも当然だ。

 1日のDeNA戦に先発した広島のジョンソン(31)が7回2失点の好投で、8勝目(5敗)を挙げた。

 6月4日、シーズン中にもかかわらず、契約を延長。年俸1億3000万円から倍以上となる3億2000万円の3年契約を結んだ。しかも、出来高は最高で年間1億5000万円。活躍次第で、最高3年15億円以上ものカネが懐に入る。

 入団1年目の昨季は14勝7敗、防御率1.85。メジャースカウトも米国に復帰させるべく、調査を開始していたという。それが「決断は容易だった」と、メジャーなど見向きもしなかったのだ。

 それもそのはず。ジョンソンは夫婦揃っての「日本びいき」。昨年11月に結婚したカーリン夫人は昨シーズン中からジョンソンと行動を共にしており、休日は揃って日本各地の名所巡りやグルメツアーを満喫。その様子を自らのブログにアップしていた。日程も中4日のメジャーと中6日の日本では比較にならない。至れり尽くせりの上、多額の年俸までもらえるのだから今更米国で冒険する気にならなくて当然だ。

 この夫婦にとって、日本はまさに「黄金の国」に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る