8勝目の広島ジョンソン 「中6日」の日本は天国の居心地

公開日:  更新日:

 そりゃ、米国に帰る気がないのも当然だ。

 1日のDeNA戦に先発した広島のジョンソン(31)が7回2失点の好投で、8勝目(5敗)を挙げた。

 6月4日、シーズン中にもかかわらず、契約を延長。年俸1億3000万円から倍以上となる3億2000万円の3年契約を結んだ。しかも、出来高は最高で年間1億5000万円。活躍次第で、最高3年15億円以上ものカネが懐に入る。

 入団1年目の昨季は14勝7敗、防御率1.85。メジャースカウトも米国に復帰させるべく、調査を開始していたという。それが「決断は容易だった」と、メジャーなど見向きもしなかったのだ。

 それもそのはず。ジョンソンは夫婦揃っての「日本びいき」。昨年11月に結婚したカーリン夫人は昨シーズン中からジョンソンと行動を共にしており、休日は揃って日本各地の名所巡りやグルメツアーを満喫。その様子を自らのブログにアップしていた。日程も中4日のメジャーと中6日の日本では比較にならない。至れり尽くせりの上、多額の年俸までもらえるのだから今更米国で冒険する気にならなくて当然だ。

 この夫婦にとって、日本はまさに「黄金の国」に違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る