3戦連続決勝弾 カープ鈴木の“逸材”ぶりを名伯楽はズバリ

公開日:  更新日:

 3試合連続サヨナラ本塁打はならなかった。それでも、マツダスタジアムは今日も「セイヤ劇場」だった。

 19日のオリックス戦。前日に史上10人目の2試合連続サヨナラ弾を放った広島の鈴木誠也(21)が、同点の八回に左中間スタンドにブチ込んだ。3戦連続の決勝弾。同期入団の下水流と上がったお立ち台で「何で打てているかは分からないけど、チームが勝てるように必死でやっています」と喜んだ。

 東京の二松学舎大付高から入団して4年目。現在は巨人の貧打解消を託されている内田順三打撃コーチ(68)が、広島二軍監督時代のことである。キャンプでルーキーの鈴木を見ながら、うれしそうにこう話していた。

「ドラフト2位のヤツなんだけど、あいつはいいよ。(高校時代は)投手だったから肩がめっぽう強いし、潜在能力は抜群。いずれはカープを背負う? そうだね。いや、日本球界を背負うくらいの選手にしないといけないと思っている。それくらいの能力はあるよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る