貧打巨人 選手間投票で選出された大砲たちに“舌なめずり”

公開日: 更新日:

 巨人が打てない。完封負けを食らった6月28日の初戦の散発3安打に続き、同30日の中日戦もわずか2安打で若松に完投を許した。坂本のソロで1点を先制したまでは良かったが、2安打で勝てるはずはない。1-1の九回に登板した沢村の2度の暴投で2点を失いジ・エンド。巨人は借金3に逆戻りである。

 こんな時こそ外国人選手に助けて欲しいが、7番のギャレットは中日との3連戦で合計10タコ。26日のDeNA戦で3打席連続本塁打を放って覚醒したかに思われたが、再び眠りに入ってしまった。打率.239、12本塁打の体たらく。もう一人の助っ人野手のクルーズの方は、2度目の故障離脱中である。

 この日、球宴の選手間投票結果が発表され、セ・リーグはヤクルトのバレンティン、広島のエルドレッド、パ・リーグは西武のメヒアの計3選手の出場が決まった。メヒアは24本塁打、66打点で現在2冠。エルドレッドは離脱しているが、打率3位、16本塁打で春先の広島を引っ張った。バレンティンも同数だが、13年には60本を放ち、シーズン最多本塁打記録を更新している言わずと知れたホームランバッター。まさに巨人垂涎の大砲たちなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る