貧打巨人 選手間投票で選出された大砲たちに“舌なめずり”

公開日:  更新日:

 巨人が打てない。完封負けを食らった6月28日の初戦の散発3安打に続き、同30日の中日戦もわずか2安打で若松に完投を許した。坂本のソロで1点を先制したまでは良かったが、2安打で勝てるはずはない。1-1の九回に登板した沢村の2度の暴投で2点を失いジ・エンド。巨人は借金3に逆戻りである。

 こんな時こそ外国人選手に助けて欲しいが、7番のギャレットは中日との3連戦で合計10タコ。26日のDeNA戦で3打席連続本塁打を放って覚醒したかに思われたが、再び眠りに入ってしまった。打率.239、12本塁打の体たらく。もう一人の助っ人野手のクルーズの方は、2度目の故障離脱中である。

 この日、球宴の選手間投票結果が発表され、セ・リーグはヤクルトのバレンティン、広島のエルドレッド、パ・リーグは西武のメヒアの計3選手の出場が決まった。メヒアは24本塁打、66打点で現在2冠。エルドレッドは離脱しているが、打率3位、16本塁打で春先の広島を引っ張った。バレンティンも同数だが、13年には60本を放ち、シーズン最多本塁打記録を更新している言わずと知れたホームランバッター。まさに巨人垂涎の大砲たちなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る