• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島25年ぶりリーグVに追い風 過去6度優勝と数々の共通点

 今年は広島優勝の“法則”が当てはまる年だ。

 広島は24日のリーグ戦再開を控え、40勝29敗2分けで2位巨人に6ゲーム差をつけて首位を快走。12球団トップの334得点を誇る打線がチームを牽引し、91年以来、25年ぶりのリーグ優勝も夢ではない。

 広島は過去に6度優勝している。その75年、79年、80年、84年、86年、91年の社会事象に目を向けると、今年は不思議と出来事が重なるからだ。

 今年、米オバマ大統領が現職の大統領として初めて広島を訪れた。過去に広島が優勝した年には、世界の要人が歴史的訪日を遂げている。初優勝の75年は英国のエリザベス女王、84年は韓国の全斗換大統領、91年は旧ソ連のゴルバチョフ大統領がそれぞれの国の国家元首として初めて来日。86年には、英国のチャールズ皇太子とダイアナ妃が来て大フィーバーになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る