後輩躍動にもひと役 早実清宮は“コーチ”もこなしフル回転

公開日: 更新日:

 早実の清宮幸太郎(2年)の夏が幕を開けた。10日、西東京大会2回戦の啓明学園戦に「3番・一塁」で出場。1点リードの三回、低めの変化球をすくい上げ、ライナーで右翼ポール際席に運んだ。1打席目はバットを振らずに四球。夏の初スイングが高校通算51号となった。

「カーブを狙っていたので、うまくさばけた。全然入るとは思わなくてフェンスにも届かないと思った。打球が見えなくて審判のジェスチャーで分かった。ボール球も見れたし、本塁打も出たんで上出来」と1本塁打2四球の活躍に笑顔を見せた。

 自分のことよりうれしいのが後輩の躍動だ。打者一巡となった三回。自身がストレートの四球で歩かされると、1年生で4番を張る野村が左翼席に3ランを叩き込んだ。一塁走者だった清宮は手を叩いて大喜び。

「確かに自分が打った時よりうれしいかもしれませんね。去年の自分より全然上。去年の4番(加藤)と比べて? 遜色ない。加藤さんに申し訳ないか」と後輩を持ち上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る