後輩躍動にもひと役 早実清宮は“コーチ”もこなしフル回転

公開日:  更新日:

 早実の清宮幸太郎(2年)の夏が幕を開けた。10日、西東京大会2回戦の啓明学園戦に「3番・一塁」で出場。1点リードの三回、低めの変化球をすくい上げ、ライナーで右翼ポール際席に運んだ。1打席目はバットを振らずに四球。夏の初スイングが高校通算51号となった。

「カーブを狙っていたので、うまくさばけた。全然入るとは思わなくてフェンスにも届かないと思った。打球が見えなくて審判のジェスチャーで分かった。ボール球も見れたし、本塁打も出たんで上出来」と1本塁打2四球の活躍に笑顔を見せた。

 自分のことよりうれしいのが後輩の躍動だ。打者一巡となった三回。自身がストレートの四球で歩かされると、1年生で4番を張る野村が左翼席に3ランを叩き込んだ。一塁走者だった清宮は手を叩いて大喜び。

「確かに自分が打った時よりうれしいかもしれませんね。去年の自分より全然上。去年の4番(加藤)と比べて? 遜色ない。加藤さんに申し訳ないか」と後輩を持ち上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る