• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム連勝止めたオリ安達 “難病”でも休めないチーム事情

「とにかく必死でやりました。これからは自分たちが15連勝していきたいです」

 勝てばプロ野球史上51年ぶりの快挙だった日本ハムの16連勝を、攻守にわたる活躍で阻止したオリックス5年目の遊撃手・安達了一(28)がお立ち台でこう言った。

 打っては同点の七回2死三塁で、二遊間を破る決勝適時打。守っては九回1死一、二塁で西川の三遊間の当たりを横っ跳びで好捕。抜ければ同点というピンチを切り抜けるなど、再三の好守で勝利に貢献した。

 安達はキャンプ直前の今年1月、潰瘍性大腸炎で入院。安倍首相が患っているこの病気は、特定疾患に指定されている難病で完治することはないといわれる。オリックス担当記者の話。

「退院後も食事制限があるようで、疲れをためることも良くないといいます。なので体力が続かない。顔色が悪くなり、首の周りにできものができたこともあります。無理をさせられない首脳陣はキャンプで外野手の吉田雄人に遊撃の練習をさせたり、開幕後はルーキーの大城滉二や鈴木昂平らに守らせたけど、彼らと比べたら体調に不安のある安達の方が走攻守ともはるかに上。首脳陣は状態をみながら、休み休みでも使わざるを得ないのです」

 安達は難病を抱えていても当分、ゆっくりできそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る