• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム連勝止めたオリ安達 “難病”でも休めないチーム事情

「とにかく必死でやりました。これからは自分たちが15連勝していきたいです」

 勝てばプロ野球史上51年ぶりの快挙だった日本ハムの16連勝を、攻守にわたる活躍で阻止したオリックス5年目の遊撃手・安達了一(28)がお立ち台でこう言った。

 打っては同点の七回2死三塁で、二遊間を破る決勝適時打。守っては九回1死一、二塁で西川の三遊間の当たりを横っ跳びで好捕。抜ければ同点というピンチを切り抜けるなど、再三の好守で勝利に貢献した。

 安達はキャンプ直前の今年1月、潰瘍性大腸炎で入院。安倍首相が患っているこの病気は、特定疾患に指定されている難病で完治することはないといわれる。オリックス担当記者の話。

「退院後も食事制限があるようで、疲れをためることも良くないといいます。なので体力が続かない。顔色が悪くなり、首の周りにできものができたこともあります。無理をさせられない首脳陣はキャンプで外野手の吉田雄人に遊撃の練習をさせたり、開幕後はルーキーの大城滉二や鈴木昂平らに守らせたけど、彼らと比べたら体調に不安のある安達の方が走攻守ともはるかに上。首脳陣は状態をみながら、休み休みでも使わざるを得ないのです」

 安達は難病を抱えていても当分、ゆっくりできそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る