ハム連勝止めたオリ安達 “難病”でも休めないチーム事情

公開日: 更新日:

「とにかく必死でやりました。これからは自分たちが15連勝していきたいです」

 勝てばプロ野球史上51年ぶりの快挙だった日本ハムの16連勝を、攻守にわたる活躍で阻止したオリックス5年目の遊撃手・安達了一(28)がお立ち台でこう言った。

 打っては同点の七回2死三塁で、二遊間を破る決勝適時打。守っては九回1死一、二塁で西川の三遊間の当たりを横っ跳びで好捕。抜ければ同点というピンチを切り抜けるなど、再三の好守で勝利に貢献した。

 安達はキャンプ直前の今年1月、潰瘍性大腸炎で入院。安倍首相が患っているこの病気は、特定疾患に指定されている難病で完治することはないといわれる。オリックス担当記者の話。

「退院後も食事制限があるようで、疲れをためることも良くないといいます。なので体力が続かない。顔色が悪くなり、首の周りにできものができたこともあります。無理をさせられない首脳陣はキャンプで外野手の吉田雄人に遊撃の練習をさせたり、開幕後はルーキーの大城滉二や鈴木昂平らに守らせたけど、彼らと比べたら体調に不安のある安達の方が走攻守ともはるかに上。首脳陣は状態をみながら、休み休みでも使わざるを得ないのです」

 安達は難病を抱えていても当分、ゆっくりできそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る