ハム連勝止めたオリ安達 “難病”でも休めないチーム事情

公開日: 更新日:

「とにかく必死でやりました。これからは自分たちが15連勝していきたいです」

 勝てばプロ野球史上51年ぶりの快挙だった日本ハムの16連勝を、攻守にわたる活躍で阻止したオリックス5年目の遊撃手・安達了一(28)がお立ち台でこう言った。

 打っては同点の七回2死三塁で、二遊間を破る決勝適時打。守っては九回1死一、二塁で西川の三遊間の当たりを横っ跳びで好捕。抜ければ同点というピンチを切り抜けるなど、再三の好守で勝利に貢献した。

 安達はキャンプ直前の今年1月、潰瘍性大腸炎で入院。安倍首相が患っているこの病気は、特定疾患に指定されている難病で完治することはないといわれる。オリックス担当記者の話。

「退院後も食事制限があるようで、疲れをためることも良くないといいます。なので体力が続かない。顔色が悪くなり、首の周りにできものができたこともあります。無理をさせられない首脳陣はキャンプで外野手の吉田雄人に遊撃の練習をさせたり、開幕後はルーキーの大城滉二や鈴木昂平らに守らせたけど、彼らと比べたら体調に不安のある安達の方が走攻守ともはるかに上。首脳陣は状態をみながら、休み休みでも使わざるを得ないのです」

 安達は難病を抱えていても当分、ゆっくりできそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る