54年ぶり沖縄パ公式戦 オリに託された“動く広告塔”の役割

公開日: 更新日:

 最下位に沈む球団にも役割はある。

 28日に沖縄の那覇で主催試合を行ったオリックス。パの公式戦が沖縄で開催されるのは1962年の阪急(現オリックス)―大毎(現ロッテ)以来、実に54年ぶりだ。

 しかし、宮古島でキャンプを行っていた2014年までならともかく、オリックスは昨季からキャンプ地を宮崎に変更。なぜ、今になって沖縄本島で主催試合を行ったのか。

 それは本社グループの事業と無関係ではないからだ。

 試合前日の27日、オリックスレンタカーは業界初となる、高齢者や妊婦専用店舗を沖縄に開設することを発表。さらにオリックス・ビジネスセンター沖縄は今月3日、厚労相から「女性の活躍を推進している企業」と認定されている。バリアフリーや女性の社会進出は世間でも大きく注目されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る