貧打解消の“切り札” 巨人補強リストに「オリ糸井」の名前

公開日: 更新日:

 今季開幕直後の3月28日に国内FA権を取得したオリックス糸井嘉男(34)は、公には自らの去就について言及していない。だが、親しい球界関係者には、「他球団に自分がどう見られているのか。興味はあります」と言っているという。

 12年オフに日本ハムからオリックスに移籍して4年目。チームの野手では35歳の小谷野に次ぐ年長選手で、昨季は「人生で初」という主将を任された。このチームで優勝したい、という気持ちがある一方、電撃トレードでオリックスに移ったという経緯から、「他球団の掛け値なしの評価を聞いてみたい」という気持ちがあるようなのだ。

 糸井は昨年、深刻な打撃不振に陥った。6年連続で続けていた打率3割を切り、・262、17本塁打、68打点と低迷。古傷の左ヒザの故障がその原因だった。

 今季はその不安が消え、ここまで・303、8本塁打、37打点と復活。自信を取り戻したことも、FA権行使を後押ししそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る