日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧打解消の“切り札” 巨人補強リストに「オリ糸井」の名前

 今季開幕直後の3月28日に国内FA権を取得したオリックスの糸井嘉男(34)は、公には自らの去就について言及していない。だが、親しい球界関係者には、「他球団に自分がどう見られているのか。興味はあります」と言っているという。

 12年オフに日本ハムからオリックスに移籍して4年目。チームの野手では35歳の小谷野に次ぐ年長選手で、昨季は「人生で初」という主将を任された。このチームで優勝したい、という気持ちがある一方、電撃トレードでオリックスに移ったという経緯から、「他球団の掛け値なしの評価を聞いてみたい」という気持ちがあるようなのだ。

 糸井は昨年、深刻な打撃不振に陥った。6年連続で続けていた打率3割を切り、・262、17本塁打、68打点と低迷。古傷の左ヒザの故障がその原因だった。

 今季はその不安が消え、ここまで・303、8本塁打、37打点と復活。自信を取り戻したことも、FA権行使を後押ししそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事