日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
ケニヤッタ小林
著者のコラム一覧
ケニヤッタ小林

ケニヤッタ小林(小林俊一) 1942年、神奈川県生まれ。横須賀高校時代は陸上選手だったが、本人によれば「超二流選手」。早大卒業後にサントリー入社。営業マンとして勤務した後、34歳で退社しケニアに行く。スワヒリ語を学び、ケニア陸連、ケニア五輪委員会に顔を売り、スポーツライター兼スタッフとしてケニア・ナショナルチームに同行。五輪や世界陸上を取材。同時にケニア人ランナーを日本の高校、大学、実業団チームに斡旋。ケニア在住39年。

<第14回>最後はケニアの土になるだけさ

77年ナイロビの競技会にて(提供写真)

 成田空港が開港する1年前の77年春。小林俊一氏は羽田から柳行李1つ持ち、ケニアに向かった。

 あれから39年。小林氏は振り返る。

「私の人生、フーテンの寅さんと一緒で、行き当たりばったり。ジブチに行った時かな、港町を散…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事