• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミスに切れ選手委縮 阪神金本監督に問われる“大将の資質”

 監督にするには早すぎた。阪神は初回、中日吉見から先制しながら、先発左腕の岩貞が三回に福田にプロ初の満塁弾を献上するなど序盤6失点。打線は四回に2点を返すも、今の阪神にこれ以上の得点を望むのは無理だった。3-8で負けた後、ヤクルトが巨人に逆転勝ちしたことで、昨年5月12日以来となる単独最下位に転落。金本監督は顔色を変えずに、「順位とかじゃない。前半戦でしょ」と言った。

 阪神の新監督は今季、「超変革」のチームスローガンを掲げ、開幕から積極的に若手を起用。当初はチームも活気づき、ベンチのムードも悪くなかった。

 ところが13年目を迎えた主力の鳥谷(35)が序盤から不振に喘ぎ、守備でもミスを連発すると雲行きが怪しくなってきた。5月17日の中日戦では、同点に追いつかれた九回1死一塁で遊撃後方の飛球に対し、捕球体勢に入った鳥谷は足がもつれてまさかの落球。試合中に怒りでイスを蹴りあげた金本監督は、「フライが捕れんようじゃ話にならない。プロ野球じゃない。恥ずかしい。ありえない。高校生に笑われるわ」とブチ切れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る