ミスに切れ選手委縮 阪神金本監督に問われる“大将の資質”

公開日:  更新日:

 監督にするには早すぎた。阪神は初回、中日吉見から先制しながら、先発左腕の岩貞が三回に福田にプロ初の満塁弾を献上するなど序盤6失点。打線は四回に2点を返すも、今の阪神にこれ以上の得点を望むのは無理だった。3-8で負けた後、ヤクルトが巨人に逆転勝ちしたことで、昨年5月12日以来となる単独最下位に転落。金本監督は顔色を変えずに、「順位とかじゃない。前半戦でしょ」と言った。

 阪神の新監督は今季、「超変革」のチームスローガンを掲げ、開幕から積極的に若手を起用。当初はチームも活気づき、ベンチのムードも悪くなかった。

 ところが13年目を迎えた主力の鳥谷(35)が序盤から不振に喘ぎ、守備でもミスを連発すると雲行きが怪しくなってきた。5月17日の中日戦では、同点に追いつかれた九回1死一塁で遊撃後方の飛球に対し、捕球体勢に入った鳥谷は足がもつれてまさかの落球。試合中に怒りでイスを蹴りあげた金本監督は、「フライが捕れんようじゃ話にならない。プロ野球じゃない。恥ずかしい。ありえない。高校生に笑われるわ」とブチ切れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る