ミスに切れ選手委縮 阪神金本監督に問われる“大将の資質”

公開日:  更新日:

 監督にするには早すぎた。阪神は初回、中日吉見から先制しながら、先発左腕の岩貞が三回に福田にプロ初の満塁弾を献上するなど序盤6失点。打線は四回に2点を返すも、今の阪神にこれ以上の得点を望むのは無理だった。3-8で負けた後、ヤクルトが巨人に逆転勝ちしたことで、昨年5月12日以来となる単独最下位に転落。金本監督は顔色を変えずに、「順位とかじゃない。前半戦でしょ」と言った。

 阪神の新監督は今季、「超変革」のチームスローガンを掲げ、開幕から積極的に若手を起用。当初はチームも活気づき、ベンチのムードも悪くなかった。

 ところが13年目を迎えた主力の鳥谷(35)が序盤から不振に喘ぎ、守備でもミスを連発すると雲行きが怪しくなってきた。5月17日の中日戦では、同点に追いつかれた九回1死一塁で遊撃後方の飛球に対し、捕球体勢に入った鳥谷は足がもつれてまさかの落球。試合中に怒りでイスを蹴りあげた金本監督は、「フライが捕れんようじゃ話にならない。プロ野球じゃない。恥ずかしい。ありえない。高校生に笑われるわ」とブチ切れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

もっと見る