スタメン外れチーム連勝…阪神鳥谷“レギュラー剥奪”危機

公開日: 更新日:

 皮肉なものである。

 阪神は26日のヤクルト戦で逆転勝ち。24日の広島戦でスタメンから外れて連続試合フルイニング出場が667試合でストップした鳥谷は、この日もベンチスタート。八回の守備から途中出場して安打も放ち、チームは連勝。金本監督は「主力が活躍して、自分たちの形を何とかつくりたい」と話したが、このまま鳥谷のレギュラー剥奪もあり得るだろう。

 金本監督は、一部で囁かれた遊撃からのコンバート案についてはやんわりと否定し、久慈内野守備走塁コーチも「遊撃しかやらないんじゃないか」と話している。もちろん鳥谷への配慮もあるのだろうが、裏を返せば「あくまで遊撃手として戦力にならなければ使いませんよ」という意味にも受け取れる。今後スタメン復帰しても不振が続けば、これまでのように無理をしてでも使い続けることはないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る