スタメン外れチーム連勝…阪神鳥谷“レギュラー剥奪”危機

公開日:  更新日:

 皮肉なものである。

 阪神は26日のヤクルト戦で逆転勝ち。24日の広島戦でスタメンから外れて連続試合フルイニング出場が667試合でストップした鳥谷は、この日もベンチスタート。八回の守備から途中出場して安打も放ち、チームは連勝。金本監督は「主力が活躍して、自分たちの形を何とかつくりたい」と話したが、このまま鳥谷のレギュラー剥奪もあり得るだろう。

 金本監督は、一部で囁かれた遊撃からのコンバート案についてはやんわりと否定し、久慈内野守備走塁コーチも「遊撃しかやらないんじゃないか」と話している。もちろん鳥谷への配慮もあるのだろうが、裏を返せば「あくまで遊撃手として戦力にならなければ使いませんよ」という意味にも受け取れる。今後スタメン復帰しても不振が続けば、これまでのように無理をしてでも使い続けることはないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る