スタメン外れチーム連勝…阪神鳥谷“レギュラー剥奪”危機

公開日: 更新日:

 皮肉なものである。

 阪神は26日のヤクルト戦で逆転勝ち。24日の広島戦でスタメンから外れて連続試合フルイニング出場が667試合でストップした鳥谷は、この日もベンチスタート。八回の守備から途中出場して安打も放ち、チームは連勝。金本監督は「主力が活躍して、自分たちの形を何とかつくりたい」と話したが、このまま鳥谷のレギュラー剥奪もあり得るだろう。

 金本監督は、一部で囁かれた遊撃からのコンバート案についてはやんわりと否定し、久慈内野守備走塁コーチも「遊撃しかやらないんじゃないか」と話している。もちろん鳥谷への配慮もあるのだろうが、裏を返せば「あくまで遊撃手として戦力にならなければ使いませんよ」という意味にも受け取れる。今後スタメン復帰しても不振が続けば、これまでのように無理をしてでも使い続けることはないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る