3敗目喫したダルに「ポストシーズン登板回避」の可能性

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が2日のオリオールズ戦に登板。6回3分の1を3本塁打含む6安打3失点で3敗目(2勝)を喫した。

 打たれた一発はいずれも甘く入った変化球を捉えられたもの。変化球の制球が安定しなかったとはいえ、直球は150キロ台後半をマーク。手術した右肘や復帰後に痛めた右肩に異常はなさそうだが油断は禁物だ。トミー・ジョン手術の後遺症を患う可能性は否定できないからだ。

 ダル同様、13年10月に右肘にメスを入れたメッツのエース右腕マット・ハービー(27)は昨年4月、1年7カ月ぶりに復帰。29試合で13勝(8敗)をマークし、9年ぶりの地区優勝に貢献。ポストシーズン4試合で2勝を挙げてチームをリーグ優勝に導いた。オフにはカムバック賞を受賞したとはいえ、今季は開幕から4勝10敗と絶不調。7月6日には「右肩の違和感」で故障者リスト(DL)に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る