3敗目喫したダルに「ポストシーズン登板回避」の可能性

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が2日のオリオールズ戦に登板。6回3分の1を3本塁打含む6安打3失点で3敗目(2勝)を喫した。

 打たれた一発はいずれも甘く入った変化球を捉えられたもの。変化球の制球が安定しなかったとはいえ、直球は150キロ台後半をマーク。手術した右肘や復帰後に痛めた右肩に異常はなさそうだが油断は禁物だ。トミー・ジョン手術の後遺症を患う可能性は否定できないからだ。

 ダル同様、13年10月に右肘にメスを入れたメッツのエース右腕マット・ハービー(27)は昨年4月、1年7カ月ぶりに復帰。29試合で13勝(8敗)をマークし、9年ぶりの地区優勝に貢献。ポストシーズン4試合で2勝を挙げてチームをリーグ優勝に導いた。オフにはカムバック賞を受賞したとはいえ、今季は開幕から4勝10敗と絶不調。7月6日には「右肩の違和感」で故障者リスト(DL)に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る