「おまえを超える」 ダル右肩異常はハム大谷への“対抗心”

公開日:  更新日:

 大谷翔平(22=日本ハム)が日本最速の163キロを連発、その後も連勝街道を走り続けていることに、だれよりも刺激を受けているのはダルビッシュ有(29=レンジャーズ)ではないか。そのダルが4日(日本時間5日)の傘下2Aフリスコの試合に調整登板。2回3分の0を2安打3失点(自責点2)、5三振3四球。最速は93マイル(約150キロ)だった。

 オフに合同でトレーニング。「大谷はバネはすごいけど、僕みたいに調整して細かいことができるってわけじゃない。完全に違う部分がある」と両者のタイプの違いを説明した。その後、右肘手術のリハビリを兼ねてトレーニングを重ね、復帰2試合目に自己最速タイの99マイル(約159キロ)をマークした。

 ダルは登板後、「(自分が)違う投手になったみたい。(肘は)まだ100%じゃなく強化している段階。怖さも少しある」と話した上で、「おまえ(の球速)を超えるから、超えられないように頑張れ」と大谷に伝えたことを明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る