「おまえを超える」 ダル右肩異常はハム大谷への“対抗心”

公開日: 更新日:

 大谷翔平(22=日本ハム)が日本最速の163キロを連発、その後も連勝街道を走り続けていることに、だれよりも刺激を受けているのはダルビッシュ有(29=レンジャーズ)ではないか。そのダルが4日(日本時間5日)の傘下2Aフリスコの試合に調整登板。2回3分の0を2安打3失点(自責点2)、5三振3四球。最速は93マイル(約150キロ)だった。

 オフに合同でトレーニング。「大谷はバネはすごいけど、僕みたいに調整して細かいことができるってわけじゃない。完全に違う部分がある」と両者のタイプの違いを説明した。その後、右肘手術のリハビリを兼ねてトレーニングを重ね、復帰2試合目に自己最速タイの99マイル(約159キロ)をマークした。

 ダルは登板後、「(自分が)違う投手になったみたい。(肘は)まだ100%じゃなく強化している段階。怖さも少しある」と話した上で、「おまえ(の球速)を超えるから、超えられないように頑張れ」と大谷に伝えたことを明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る