「おまえを超える」 ダル右肩異常はハム大谷への“対抗心”

公開日: 更新日:

 大谷翔平(22=日本ハム)が日本最速の163キロを連発、その後も連勝街道を走り続けていることに、だれよりも刺激を受けているのはダルビッシュ有(29=レンジャーズ)ではないか。そのダルが4日(日本時間5日)の傘下2Aフリスコの試合に調整登板。2回3分の0を2安打3失点(自責点2)、5三振3四球。最速は93マイル(約150キロ)だった。

 オフに合同でトレーニング。「大谷はバネはすごいけど、僕みたいに調整して細かいことができるってわけじゃない。完全に違う部分がある」と両者のタイプの違いを説明した。その後、右肘手術のリハビリを兼ねてトレーニングを重ね、復帰2試合目に自己最速タイの99マイル(約159キロ)をマークした。

 ダルは登板後、「(自分が)違う投手になったみたい。(肘は)まだ100%じゃなく強化している段階。怖さも少しある」と話した上で、「おまえ(の球速)を超えるから、超えられないように頑張れ」と大谷に伝えたことを明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る