• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

履正社・寺島 “ソフトBと相思相愛”で巨人・阪神のため息

 ドラフト1位候補の左腕・履正社(大阪)の寺島成輝(3年)が、8日の高川学園(山口)戦で甲子園初登板。ネット裏から巨人の堤GMや阪神の和田SAら各球団の幹部が熱視線を送る中、2安打11奪三振1失点の完投勝利を飾った。

 球速は130キロ台後半から146キロと幅があったが、岡田監督は「すべて全力投球したら、この暑さでは1試合もたない。ギアを入れるところと抑えるところを押したり引いたりがうまくなった」と話した。ネット裏に陣取った某球団スカウトはこう言った。

「勝負どころになるとスピードが10キロくらい上がるのはいつものこと。相手を見ながら投げられるのは、プロ向きといえばプロ向きです。学校の成績もいいみたいで投球もクレバー。ただ、スカウトの間ではソフトバンクと相思相愛といわれています。2年連続日本一になっている余裕からか、最近の上位指名は即戦力より高校生が多いけど、右投手がほとんどで次世代の左投手が不足しています。一軍のローテクラスを見ても和田と大隣くらいだけに、左腕は補強ポイントなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る