• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏は7年ぶり 東北・我妻敏監督が語る「伝統校の重圧」

 9日登場の東北(宮城)はダルビッシュ(現レンジャーズ)をはじめ多数のプロ野球選手を輩出する野球名門校。夏の甲子園は7年ぶりの出場だ。1993年に若生監督が指揮を執って以降、監督交代が7回。3人が2度ずつ就任している。現在の我妻敏監督(34=公民科教諭)は2008年から指揮を執り、10年に退任。コーチを続けながら13年夏、再び監督に就任した。伝統校の監督を務める中でのプレッシャーや苦労話を中心に話を聞いた。

――ここ6年間は仙台育英、利府といったライバル校になかなか勝てませんでした。

「(10年からの)コーチ時代を含めて、ここまで長かったですね。勝てないときはしんどいなと思いながら、今年こそ、今年こそという気持ちでやってきました。ただ、これまでの卒業生たちといろんなことがあったなということを思い返すと、この6年間は決して無駄ではなかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る