夏は7年ぶり 東北・我妻敏監督が語る「伝統校の重圧」

公開日: 更新日:

 9日登場の東北(宮城)はダルビッシュ(現レンジャーズ)をはじめ多数のプロ野球選手を輩出する野球名門校。夏の甲子園は7年ぶりの出場だ。1993年に若生監督が指揮を執って以降、監督交代が7回。3人が2度ずつ就任している。現在の我妻敏監督(34=公民科教諭)は2008年から指揮を執り、10年に退任。コーチを続けながら13年夏、再び監督に就任した。伝統校の監督を務める中でのプレッシャーや苦労話を中心に話を聞いた。

――ここ6年間は仙台育英、利府といったライバル校になかなか勝てませんでした。

「(10年からの)コーチ時代を含めて、ここまで長かったですね。勝てないときはしんどいなと思いながら、今年こそ、今年こそという気持ちでやってきました。ただ、これまでの卒業生たちといろんなことがあったなということを思い返すと、この6年間は決して無駄ではなかったと思います」

――学校や多くのOBがいる中で、プレッシャーはなかったですか?

「プレッシャーがなかったといえば、嘘になります。(敗者復活からの3回戦で敗退した)昨春の地区大会後には、学校に『責任を取らせてください』と辞任を申し出ました。ただその時、五十嵐校長から『辞めることが責任を取ることではない。野球部を強くすることが責任だ』とお話をしていただきました。それからは、学校から『辞めろ』と言われない限りは腹をくくって一生懸命やるという気持ちです。『監督を代われ』と言われれば、その覚悟はありますが、手を抜くということではなく、与えられた環境で一日一日を全力でやりたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質