日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏の甲子園完全予想 初戦で「消える高校」と「残る高校」

 第98回全国高校野球が7日に開幕する。右腕・藤平を擁する横浜(神奈川)、左腕・寺島を擁する履正社(大阪)が東西の横綱。花咲徳栄(埼玉)の左腕・高橋昂を含めた「高校ビッグ3」投手が揃い踏みする好投手が多い今大会。初戦24試合の行方を占った。

■第1日(7日)  
 第1試合は鳴門が佐久長聖に勝つ。第2試合はセンバツ優勝校の智弁学園が出雲に快勝発進。第3試合は九州国際大付が盛岡大付を下す。

■第2日(8日)  
 第1試合は春夏連続のいなべ総合が2年連続の鶴岡東を倒す。

「いなべ総合はセンバツ初戦で、準優勝した高松商に激戦の末、6-7で敗れた。県立校ながら、横浜や智弁和歌山などの全国の強豪校に出向いて練習試合を行いながらチームを強化しているのが特徴。今年のゴールデンウイークには、今大会の優勝候補に挙げられる横浜と対戦。前評判が高い藤平、石川の2枚看板が投げた試合で3-1で勝利しています」(スポーツ紙・高校野球キャップ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事