• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スカウト大注目の履正社・寺島成輝 “大会No.1投手”の真贋

 出場校の中で最も前評判の高い投手が履正社の寺島成輝(3年)だ。

 7月31日の大阪大会決勝で金光大阪相手に12奪三振の完封勝利、自身初の甲子園切符を手に入れた。最速149キロ左腕に対してはすでに巨人、ソフトバンク、阪神などがドラフト1位候補に挙げている。

「中学時代から、同世代ではトップ級の評価だった。140キロ台の力強い速球をコンスタントに投げられる。左腕でカーブが良いうえに、コントロールもいい。右打者への内角低めを含め、コーナーにも投げ分けることができる」というのがネット裏のスカウトたちの評価。

 セのさるスカウトもこう言った。

「履正社は2番手左腕の山口もプロ注目の好素材だけに、予選での登板はほぼ半分ずつ。寺島は予選8試合中4試合、計29回しか登板していませんからね。疲労の蓄積は心配ないし、甲子園ではフル回転が期待できる。183センチ、85キロと立派な体格をしているが、太りやすい体質と聞く。今夏は問題なくても、プロに入ってからはしっかりとした体重管理が必要になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る