カットマンに有利 卓球日本に「中国製ボール」という難敵

公開日:  更新日:

 卓球団体の世界選手権(28日開幕=マレーシア・クアラルンプール)で2大会連続の表彰台を目指す女子日本代表に意外な難敵が浮上した。

 22日は男女代表が世界選手権に向けた練習を公開。女子は予選リーグ最大のライバルとなる北朝鮮の左打ちとカットマン対策を入念に行った。

 前回大会(14年)は福原愛(27)を故障で欠きながら2位。福原に代わってエースとしてチームを牽引した石川佳純(23)は「(予選リーグは)北朝鮮戦が一番のヤマ場。左打ちとカット選手への準備はしっかりできたと思う」と手応えを口にしたが、不安はある。

 国際卓球連盟は14年にボールの規約を改定し、材質をそれまでのセルロイド製からプラスチック製に替えた。プラスチック素材の球は質が悪く、軌道が安定しないという。中でも、今大会で採用される中国メーカー製は特に品質にバラつきがあり、カットの揺れなども不規則になり、カットマン有利になるそうだ。

 日本は中国、北朝鮮に加えて粗悪な球との戦いも強いられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る