「打倒中国」の日本女子卓球に立ちはだかる北朝鮮の厚い壁

公開日: 更新日:

 今年8月開幕のリオ五輪で日本のメダル有力種目の一つに挙げられている卓球女子団体。団体で史上初の銀メダルを獲得したロンドンに続く表彰台は厳しいかもしれない。

 3日、28日に開幕する団体世界選手権(マレーシア・クアラルンプール)に向けた壮行会が行われ、主将の福原愛(27)は「リオ五輪前の最後の団体戦。銀メダル以上を獲得できたら五輪につながると思う」と話した。

 ロンドン五輪後、男女とも「打倒中国」を目標に掲げ、リオでの金メダル取りに向けた強化を図ってきた。世界ランクは中国に次ぐ2位(男子は3位)をキープ、村上恭和女子代表監督は「(実力は)少しずつ近づいている」と手応えを口にしているが、伏兵に足をすくわれかねない。各国が警戒する北朝鮮のことだ。

 政府の方針もあり、国際大会への出場機会は限られるが、代表選手は実力派が揃う世界最高峰の中国スーパーリーグでプレーしており、日頃から卓球の本場で腕を磨いているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る