広島ついにM10 福井首痛で緊急先発の薮田“神降臨”の快投

公開日:  更新日:

 DeNAにシャットアウト勝ちを収めた広島。ヒーローはこの男だ。

 この日先発予定の福井が試合前のブルペンで首痛を訴え、急きょ病院へ。2年目中継ぎ・薮田(24)が昨年8月14日のDeNA戦(マツダ)以来となる先発マウンドに立った。序盤こそストレートが走らず、制球にも苦しんだが、4四球を与えながらも6回を2安打無失点に抑えて今村にマウンドを譲った。

 この薮田を救ったのが二死走者なしからの初回の攻撃だ。3番丸から6番エルドレッドまでの4連打に失策が絡んで2点を先制。六回裏には鈴木がバックスクリーンへ22号ソロ弾をブチ込み、ゲームの主導権を渡さずホーム6連勝。今季は本拠地で43勝18敗1分けと貯金25だ。

 スクランブル登板で今季2勝目を挙げた薮田は「イニングを考えずに中継ぎでというつもりで投げて、結果として6回を投げられてよかった」と言ったが、約1年も先発経験がない投手をマウンドに送り、得点を許さずに勝つところが、今季乗りに乗っている広島の勢いだろう。

 ちなみに、2位巨人がヤクルトに敗れたため、優勝マジックは「10」となったが、首痛の福井は病院に向かう前、「右手に力が入らない」と漏らしていたというから、こちらは心配。もっとも今の広島は本拠地で投げれば誰でも負ける気はしないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る