• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島ついにM10 福井首痛で緊急先発の薮田“神降臨”の快投

 DeNAにシャットアウト勝ちを収めた広島。ヒーローはこの男だ。

 この日先発予定の福井が試合前のブルペンで首痛を訴え、急きょ病院へ。2年目中継ぎ・薮田(24)が昨年8月14日のDeNA戦(マツダ)以来となる先発マウンドに立った。序盤こそストレートが走らず、制球にも苦しんだが、4四球を与えながらも6回を2安打無失点に抑えて今村にマウンドを譲った。

 この薮田を救ったのが二死走者なしからの初回の攻撃だ。3番丸から6番エルドレッドまでの4連打に失策が絡んで2点を先制。六回裏には鈴木がバックスクリーンへ22号ソロ弾をブチ込み、ゲームの主導権を渡さずホーム6連勝。今季は本拠地で43勝18敗1分けと貯金25だ。

 スクランブル登板で今季2勝目を挙げた薮田は「イニングを考えずに中継ぎでというつもりで投げて、結果として6回を投げられてよかった」と言ったが、約1年も先発経験がない投手をマウンドに送り、得点を許さずに勝つところが、今季乗りに乗っている広島の勢いだろう。

 ちなみに、2位巨人がヤクルトに敗れたため、優勝マジックは「10」となったが、首痛の福井は病院に向かう前、「右手に力が入らない」と漏らしていたというから、こちらは心配。もっとも今の広島は本拠地で投げれば誰でも負ける気はしないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る