• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田のマネ的役割も 広島・新井の打つだけじゃない貢献度

 広島の新井貴浩(39)が試合を決めた。18日の中日戦。広島打線は先発若松から六回までわずか3安打と苦しめられたが、七回に鈴木の右犠飛などで同点。九回1死走者なしから新井が右翼席にサヨナラソロを叩き込んだ。球宴明け白星発進。カード初戦11連勝に「最高にうれしいです」と新井の笑顔がはじけた。

 後輩はもちろん、先輩や首脳陣までも「新井さん」と呼ぶ。そんな39歳のムードメーカーの打率はリーグ3位の.323、打点は同2位の66。ヤクルト山田の各部門総なめを阻止できる位置につけるが、5番打者として以外にも貢献していることがあるという。

「4月に2000安打を達成しても燃え尽き症候群にならず好調をキープ。チームを牽引している点もさることながら、昨オフには、今年で41歳になる黒田に現役続行を決意させるために説得していた。まさに大手柄です。距離があった黒田と若手投手の間に入り、若手がグラウンドで疑問点などを聞いたりできるよう今でも気を配っている。野手最年長なのに、若手にイジられながら黒田の“マネジャー”的役割も担う。チーム内で“新井さん”はMVP級の評価です」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る