黒田のマネ的役割も 広島・新井の打つだけじゃない貢献度

公開日:  更新日:

 広島の新井貴浩(39)が試合を決めた。18日の中日戦。広島打線は先発若松から六回までわずか3安打と苦しめられたが、七回に鈴木の右犠飛などで同点。九回1死走者なしから新井が右翼席にサヨナラソロを叩き込んだ。球宴明け白星発進。カード初戦11連勝に「最高にうれしいです」と新井の笑顔がはじけた。

 後輩はもちろん、先輩や首脳陣までも「新井さん」と呼ぶ。そんな39歳のムードメーカーの打率はリーグ3位の.323、打点は同2位の66。ヤクルト山田の各部門総なめを阻止できる位置につけるが、5番打者として以外にも貢献していることがあるという。

「4月に2000安打を達成しても燃え尽き症候群にならず好調をキープ。チームを牽引している点もさることながら、昨オフには、今年で41歳になる黒田に現役続行を決意させるために説得していた。まさに大手柄です。距離があった黒田と若手投手の間に入り、若手がグラウンドで疑問点などを聞いたりできるよう今でも気を配っている。野手最年長なのに、若手にイジられながら黒田の“マネジャー”的役割も担う。チーム内で“新井さん”はMVP級の評価です」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る