黒田のマネ的役割も 広島・新井の打つだけじゃない貢献度

公開日: 更新日:

 広島新井貴浩(39)が試合を決めた。18日の中日戦。広島打線は先発若松から六回までわずか3安打と苦しめられたが、七回に鈴木の右犠飛などで同点。九回1死走者なしから新井が右翼席にサヨナラソロを叩き込んだ。球宴明け白星発進。カード初戦11連勝に「最高にうれしいです」と新井の笑顔がはじけた。

 後輩はもちろん、先輩や首脳陣までも「新井さん」と呼ぶ。そんな39歳のムードメーカーの打率はリーグ3位の.323、打点は同2位の66。ヤクルト山田の各部門総なめを阻止できる位置につけるが、5番打者として以外にも貢献していることがあるという。

「4月に2000安打を達成しても燃え尽き症候群にならず好調をキープ。チームを牽引している点もさることながら、昨オフには、今年で41歳になる黒田に現役続行を決意させるために説得していた。まさに大手柄です。距離があった黒田と若手投手の間に入り、若手がグラウンドで疑問点などを聞いたりできるよう今でも気を配っている。野手最年長なのに、若手にイジられながら黒田の“マネジャー”的役割も担う。チーム内で“新井さん”はMVP級の評価です」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る