日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“神ってる”誠也も明言 広島が怖いのは巨人よりベイ筒香

 首位の広島は現在、20の貯金がある。だが、7ゲーム差の2位巨人とは7勝8敗、10ゲーム差の3位DeNAとも8勝9敗。いずれも直接対決では負け越している。

 25年ぶりのリーグ優勝へ、巨人とDeNAに追われる立場の広島。どっちが怖いのか。ある主力選手がこう言った。

「まだプレッシャーを感じる時期ではないけど、ボクらには経験がない。毎年優勝争いをしている巨人には経験がある。落ち着いた大人のチームですよね。淡々と勝ち始めましたし。ウチの打線が去年のように打てなかったら、もっと焦ってたんじゃないかな。ただ、怖いのはDeNAです」

 この選手が続ける。

「筒香の存在が大きい。今の筒香は“化けもん”です。広角にはじき返せて、軽々と逆方向のスタンドにブチ込んでくる。ウチの投手は『投げるところがない』って嘆いてますから。3番の梶谷も絡めた打線のつながり、破壊力、投手力も含めて巨人よりDeNAの方がイヤですね。チームに勢いや爆発力を感じるからです。大きな連敗もあるけど、連勝もあるみたいな。下からグングン追い上げてきそうな不気味さがDeNAにはあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事