米国では有名人 広島の新助っ人デラバーの“波瀾万丈”人生

公開日:  更新日:

 優勝への最後のピースとなりそうだ。

 8日に入団会見を行った、広島のスティーブ・デラバー(32=前レッズ3A、右投げ右打ち)。リリーフとして期待され、「素晴らしいチーム状況と聞いている。接戦で力を発揮できると思うよ」と語った。

 広島の助っ人はこれで7人目。投手だけでも先発のジョンソン、中継ぎのジャクソン、ヘーゲンズに続く4人目だ。それでも補強の手を緩めないのは、25年ぶりの優勝へのダメ押しだろう。デラバーは中継ぎ2人が不調に陥ったときの、バックアップ要員の意味合いが強い。

 メジャー通算190試合で15勝9敗、防御率4.07。03年にドラフト29巡目でパドレス入りするも、制球難が改善されず、一度もメジャーに昇格できないまま08年に退団。08、09年は独立リーグに所属したが、右ヒジを故障し、現在も金属プレートと9本のネジが入っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る