降雨中断でギア上げた 錦織が全米OP2年ぶりの3回戦進出

公開日:  更新日:

 2大会ぶりの決勝進出を目指す錦織が雨に救われて3回戦進出を果たした。

 全米オープン男子シングルス2回戦で世界ランキング95位のカレン・ハチャノフ(20=ロシア)を6-4、4-6、6-4、6-3で下し、14年大会以来2年ぶりに3回戦に駒を進めた。

 第1セットこそ2度のブレークを成功させてものにしたが、第2セットは一転して相手に主導権を握られる。

 今大会を予選から勝ち上がり、1回戦でイタリア人選手を相手に4大大会初勝利を挙げた198センチのビッグサーバーに苦戦。強烈なサーブに食らい付くのに必死で、サービスエースで連続ポイントを許すなど終始、後手に回った。第9ゲームで先にブレークされると、このセットは4-6で落とす。

 第3セットも相手の勢いは止まらず、一進一退の攻防。4-3で迎えた第8ゲームは3度のブレークポイントを得ながら決め切れずにキープを許す。4-4と追いつかれ、試合の流れが傾きかけたところで雨が強く降り始め中断。約2時間40分後、積極的に仕掛けて、このセットを奪い返した。第4セットは先にブレークされたが、1-3から5ゲームを連取するなど、最後は相手を寄せ付けず一気に試合を決めた。

▽錦織のコメント
「第3セットは徐々に彼のペースになりかけていたので、雨がやんで戻ってからは攻めてプレッシャーをかけていこうと思った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る