海外で意外に不人気 錦織に足りないコート外での“魅せ方”

公開日:  更新日:

 全米オープン初戦を突破した錦織圭(26)は現在、世界ランク7位。一昨年の決勝で敗れたとはいえ、この大会のファイナリストだ。海外メディアから注目されてしかるべき選手なのに、大会直前の地元紙「ニューヨーク・タイムズ」はほとんど触れずじまい。大会前の会見でも英語の質問が飛び交うケースは、他のトップ10選手と比べて極端に少なかった。

「会見が面白くないんですよ」と、放送関係者がこう続ける。

「質問を正確に理解し、きちんと答える語彙もポテンシャルもあるんだけど、いかんせん当たり前のことしか言わないし、ユーモアもない。全仏では英語の質問がゼロなんてこともあった。例えば世界中のメディアから大人気のジョコビッチの会見なんか、場内が必ず笑いの渦に包まれる。今回の大会前会見でも、格下相手にまさかの3回戦敗退だったウィンブルドンに関して、敗因はケガじゃなくてオンナだったみたいなことを自分で言って笑いを取った。彼らに比べるとまだ子供というか、面白くない選手という見方をされています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る