• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海外で意外に不人気 錦織に足りないコート外での“魅せ方”

 全米オープン初戦を突破した錦織圭(26)は現在、世界ランク7位。一昨年の決勝で敗れたとはいえ、この大会のファイナリストだ。海外メディアから注目されてしかるべき選手なのに、大会直前の地元紙「ニューヨーク・タイムズ」はほとんど触れずじまい。大会前の会見でも英語の質問が飛び交うケースは、他のトップ10選手と比べて極端に少なかった。

「会見が面白くないんですよ」と、放送関係者がこう続ける。

「質問を正確に理解し、きちんと答える語彙もポテンシャルもあるんだけど、いかんせん当たり前のことしか言わないし、ユーモアもない。全仏では英語の質問がゼロなんてこともあった。例えば世界中のメディアから大人気のジョコビッチの会見なんか、場内が必ず笑いの渦に包まれる。今回の大会前会見でも、格下相手にまさかの3回戦敗退だったウィンブルドンに関して、敗因はケガじゃなくてオンナだったみたいなことを自分で言って笑いを取った。彼らに比べるとまだ子供というか、面白くない選手という見方をされています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る