海外で意外に不人気 錦織に足りないコート外での“魅せ方”

公開日: 更新日:

 全米オープン初戦を突破した錦織圭(26)は現在、世界ランク7位。一昨年の決勝で敗れたとはいえ、この大会のファイナリストだ。海外メディアから注目されてしかるべき選手なのに、大会直前の地元紙「ニューヨーク・タイムズ」はほとんど触れずじまい。大会前の会見でも英語の質問が飛び交うケースは、他のトップ10選手と比べて極端に少なかった。

「会見が面白くないんですよ」と、放送関係者がこう続ける。

「質問を正確に理解し、きちんと答える語彙もポテンシャルもあるんだけど、いかんせん当たり前のことしか言わないし、ユーモアもない。全仏では英語の質問がゼロなんてこともあった。例えば世界中のメディアから大人気のジョコビッチの会見なんか、場内が必ず笑いの渦に包まれる。今回の大会前会見でも、格下相手にまさかの3回戦敗退だったウィンブルドンに関して、敗因はケガじゃなくてオンナだったみたいなことを自分で言って笑いを取った。彼らに比べるとまだ子供というか、面白くない選手という見方をされています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る