急きょ登板日変更のダルに“今シーズン終了”の可能性

公開日: 更新日:

 エースが突然の登板回避である。

 レンジャーズのジェフ・バニスター監督は13日(日本時間14日)、ダルビッシュ有(30)が登板予定だった14日のアストロズ戦から17日のアスレチックス戦に変更したと発表。指揮官はポストシーズンを見据えて、「(ダルに)休養を与える。先発ローテーションをハメルズ(14勝5敗)、ダル(5勝4敗)、ルイス(6勝2敗)の順にしたい」と説明。「体調面の問題は100%ない」と故障に関しては否定した。

 チームは2位マリナーズと9.5ゲーム差でア・リーグ西地区首位(13日終了時)。2年連続ポストシーズン進出は確実な状況だ。バニスター監督は11年以来5年ぶりのワールドシリーズ進出に向け、エースを大事に扱う方針とみられるが、このままダルはシーズンを終える可能性もある。

 ダルは昨年3月に右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術を受けた。メジャーでは、この手術明けの投手に年間の登板回数を100~150イニングに制限。今季のダルはここまで14試合で82回3分の1。100イニングまで目前だ。ここにきて、ブロケイル投手コーチから今季は禁止されていたスプリットをブルペンで試投。その結果、右肘の張りを訴えたこともあり、首脳陣はダルの起用をずらしたとみられる。

 9月に入って元広島の右腕ルイス(右広背筋痛)、左腕ホランド(肩の炎症=7勝7敗)の実績のある先発投手2人が復帰。ローテーションに余裕があるため、ダルに無理させる必要はないのだ。

 ダルは昨季同様、ポストシーズンではベンチで観戦となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

もっと見る