• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急きょ登板日変更のダルに“今シーズン終了”の可能性

 エースが突然の登板回避である。

 レンジャーズのジェフ・バニスター監督は13日(日本時間14日)、ダルビッシュ有(30)が登板予定だった14日のアストロズ戦から17日のアスレチックス戦に変更したと発表。指揮官はポストシーズンを見据えて、「(ダルに)休養を与える。先発ローテーションをハメルズ(14勝5敗)、ダル(5勝4敗)、ルイス(6勝2敗)の順にしたい」と説明。「体調面の問題は100%ない」と故障に関しては否定した。

 チームは2位マリナーズと9.5ゲーム差でア・リーグ西地区首位(13日終了時)。2年連続ポストシーズン進出は確実な状況だ。バニスター監督は11年以来5年ぶりのワールドシリーズ進出に向け、エースを大事に扱う方針とみられるが、このままダルはシーズンを終える可能性もある。

 ダルは昨年3月に右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術を受けた。メジャーでは、この手術明けの投手に年間の登板回数を100~150イニングに制限。今季のダルはここまで14試合で82回3分の1。100イニングまで目前だ。ここにきて、ブロケイル投手コーチから今季は禁止されていたスプリットをブルペンで試投。その結果、右肘の張りを訴えたこともあり、首脳陣はダルの起用をずらしたとみられる。

 9月に入って元広島の右腕ルイス(右広背筋痛)、左腕ホランド(肩の炎症=7勝7敗)の実績のある先発投手2人が復帰。ローテーションに余裕があるため、ダルに無理させる必要はないのだ。

 ダルは昨季同様、ポストシーズンではベンチで観戦となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る