マリナーズ青木がマルチで牽引 ワイルドカードに望み繋ぐ

公開日:  更新日:

 マリナーズのベテラン外野手が存在感を発揮し始めた。青木宣親(34)が28日(日本時間29日)のアストロズ戦に「1番・左翼」でスタメン出場。3打数2安打1打点2得点でチームの大勝に貢献した。この試合終了時点で2チームが出場するワイルドカードによるプレーオフ進出争いで首位ブルージェイズに1.5ゲーム差と迫った。

 青木は第1打席で投手強襲の内野安打で出塁すると、3番カノの3ランで先制のホーム。二回の1死一、三塁の好機では2番手左腕チャップマンの変化球を捉えて中前に運ぶ適時打。チームの15年ぶりのポストシーズン進出に望みをつなぐ働きを見せた。

 昨オフ、マリナーズと交わした青木の契約には今季480打席に達すれば17年の契約は自動的に更新されるとの条項が盛り込まれている。ここまで打席数は454と残り4試合では届かない。

 ここに来て、試合終盤には守備固めを送られる機会が増えるなど、依然として厳しい立場に変わりはない。ベテラン外野手がメジャー生き残りに必死だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る